自社サービスを認知してもらうには、やっぱり地道な発信活動です。

自分が手がけているサービスって案外知られているのだなと感じたエピソード

ビジネス系マインドマッパーの川添(@kawazoezoe)です。

「思考を整理するならマインドマップ」。MindMeiser.jpがリニューアルしました

変な話、「自分が手がけているサービスって案外知られているのだな」と感じたエピソードを紹介します。

 

先日地元のとある勉強会に参加したのですが、自己紹介の際に「MindMeitser」の話をしたところ、ほかの参加者の方々から思いもよらぬ反応がありました。

「わたし、有料版使っていますよ」

とか、

「『MindMeitser』ってたしかチャットワーク社が使っているやつですよね?物販系の会社でもよく利用されているみたいですね」

とか、

「先日、マイクロソフトの『teams』について検索していたら、川添さんがやっている『MindMeitser』と連携したということを知りました」

サブスクリプション型のマインドマップ2大ツールは、MindMeisterとcoggle

MindMeisterと統合!Microsoft Teams内でマインドマップを作成・チーム共有OKに。

2019年1月19日

など。

 

2007年のリリース以降、いまでは世界で1000万ユーザーに使われているとはいえ、ローカルな事業者の方々にこぞってそう言われるとはかなり意外でした。

最近はこのブログでも 「マインドマップ」を主テーマとして扱いはじめ、検索エンジンGoogleのアップデートでも、それに付随するキーワードがうまく上位に食い込んできています。

《SEO効果》ブログのネタを一点集中させると検索上位にくるのか?

《SEO効果》ブログのテーマを一点集中させたらGoogle検索上位に!

2019年6月5日

 

また取引先やそのまわりにいる人にも、ちょっとした「プチ提案」のためのツールとして『MindMeitser』を用いていることも奏功しているのではないかと思います。

《マインドマップ営業術》「今こんな企画を考えているんですよ」といったプチ提案ツールとして

《マインドマップ営業術》「今こんな企画を考えているんですよ」といったプチ提案ツールに使う

2019年6月15日

 

いずれにせよ、万人ウケするようなサービスでもないですし、SNSのような流行り廃りもさほどなく、サービスとしての普遍性はあるのでこれからも地道に発信活動を続けていきます。