フリーランスは精神安定剤としての定期収入をはよ。

フリーランスは精神安定剤としての定期収入をはよ。

フリーランスになりたい!という友人によくアドバイスすることがある。

それは「まず定期収入を作る」ということ。

毎月きちんと報酬を得られる仕事を早い段階で作っておくといいよと。

なぜなら、だだでさえ不安定なフリーランスの精神を安定させる材料となるから。

それってベーシックインカムみたいな役割で、最低限の基盤があればプラスαの新しいなにかにトライできる。

商品売り切りもいいけど、それだけだと波あるし安定しない。つまりそれってフロー型の収益モデル。

僕が言っているのが、月額課金とか月契約といったサブスクリプション形式のストック型の収益モデル。

本やソフトウエアがわかりやすい例かと。

僕もフリーになった当初、まずストック収入を確保しました。その上にフローを持ってくる。

いまでも両者のバランス(ポートフォリオ)は意識しています。

《図解》糸島在住フリーランスの私ゾエが5つの収益モデルを全公開します!

2017.10.04

 

👇 日ごろからいろんなフリーの人の収益モデルを参考にしているけど、好きなことで稼げている人はやっぱりな、定期収入があるってもんだ。

フリーランスの収益モデルを研究しまくる

2018.01.26


はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。