あなたが求めるのはレッドブル?それとも日本茶?

あなたが求めるのはレッドブル?それとも日本茶?


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

まだ関係が深くないパートナーやクライアントと議論を交わしていると、たまに話が噛み合わないことがあります。

なぜそうなるかというと、そもそもたがいの前提となる考えが異なるからです。

そんなときは「前提イメージ」をそろえてやる必要があります。

よくやるのが、「共通のモデル」を引っ張り出して、理解をうながすというやり方です。

先日もそういったやりとりがありました。

企画中のサービスのイメージキャラはだれがいいのか?というブレストだったのですが、どうも意見が噛み合わない。

そこで「飲料系」のジャンルからモデルを拝借。

あなたが求めているのがおそらく「レッドブル」だとしたら、僕が求めるのは「日本茶」ですと。

つまり、先方がイメージしていたのが、知名度と瞬発力のあるバズ系で、僕は一見地味ながら長く支持される系。

(ちなみに、僕が唱える「日本茶」というのはブランド化されてなくてもよく、もしろユーザーと一緒に育てていくような企画を意図してました。めざすのは、ベストセラーでななく、ロングセラーです。)

てな具合に、なにか身近なモデルにたとえると、「あっ!そういうイメージね!」と話が早いです。

上に挙げた例でも、

結果的に「バズ系なのか?」「長く支持される系なのか?」どちらにするのかは二の次、三の次でよくて、僕が大事だと思うのは「あっ!」の早期共有です。

不毛な議論をなるべく減らして、プロジェクトを前に進めたいですからね。



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。