就職経験のない人たちよる「就職人気ランキング」という意味のなさ。

アイガモ🦆代表の川添です。

僕はふだん「編集の力で世の中を丸くする」をミッションに掲げて仕事をしています。

就活の時期になってきたようですね。僕はかつて就活失敗経験からコンプレックスに陥っていましたが、今ではきれいさっぱり払拭されました。失敗であるのは「自分は失敗したのだ」と認識するからにほかならない。

さておき、就職経験もない人たちよる「就職人気ランキング」が発表されますが、「学生がいかに世の中のことをわかっていないかを示す証拠資料」といっても過言ではありません。

これってまさに「ラーメンを食べたことがない人が投票するラーメンランキング」と同じ構図でありまして、上位にくるのはどうしても記号化された企業群や店舗群にならざるを得ず、さして意味をなしていないのではないか?と疑いの目を向けたくなりますが、これもランキングに弱いといわれる日本人のかなしい性ではなかろうかと思います。

ラーメンといえば「一蘭」が人気です。

先日、糸島市にある一蘭の森に行っておどろいたのが、トッピングの「海苔」が二枚で150円というプレミアムトッピング。そうはいっても、施設内にあるラーメン博物館を見て回ったあとであれば高揚感も手伝って、「今日はちょっとリッチにトッピングしてもいいかな」という気にもなります。

以前も書いたのですが、冷静に考えてみるともはや僕らはラーメンを食べているのではなく、「情報」を食べているといっても過言ではありません。

その情報をつきつめると先入観、あるいは固定観念です。

もっとも「ミーハーなのが趣味なの」という人をのぞいて、たいした経験もないうちから、ランキングや外野の声はアテにしないほうがいいです。いろんな会社を数多く見て回ること。向こう側から湯水のように流れてくる情報に流されず、時間と体力あるのだからフットワーク軽く物量勝負でいこう。

存分に動いた末の直観に、意思決定をゆだねるのが少なくとも後悔はないです。動いた分だけあとあと自分にかえってきますから。

20代はフットワーク、30代はネットワーク、40代はヘッドワーク。

2019.01.31


「編集」の力で世の中を丸くする。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。