伝えるのに必死な人のプレゼン資料は情報を詰め込みすぎている。

伝えるのに必死な人のプレゼン資料は文字を詰め込みすぎている。

カワゾエです。

ふだん経営者をはじめビジネスパーソンの頭の中のぐるぐるを「整理」して、進むべき道筋をつくる仕事をしています。

伝えよう!伝えよう!とするのに必死な人ほど、プレゼン資料にあれこれと文字や画像を詰め込みすぎるような気がしませんか?

しますよね?

とくにソーシャルビジネス界隈の人たちに多いような気がします。すみません、気のせいでしょうか。

 

先日もプレゼンを聞く機会があったのですが、熱い思いを持っておられますが、どうも空回りしているというか。

申し訳ないです。あまり聞いてませんでした。この場を借りてお詫びします🙇

釈明会見をするならば、どうみても必死に資料を読み上げながら説明をしているようでした。そう、プレゼンではなく「説明」です。えっと、ここは企業説明会の会場だったかな?と思わず手元の資料を確認しようとしたくらいですから。

悲しいかな、その話し手さんはおそらく他者からのフィードバックをもらっていないのでしょう。

「お前、あの資料、盛り込みすぎだろ?みんな眠そうにしていたぞ」

と、ハッとするような一言。

人間、ハッとしない限りは改善しようとしませんから。

だれかにフィードバックするときは、「みんな眠そうにしていた」などと客観的に伝えるのがポイント。

もちろん、すごく熱っぽく語っていたから水を差すようで言いにくいというのもわかります。

本来人間はだれかからフィードバックもらうと、正そうとする生き物ですから。成功してほしいと思うならできるだけ伝えてあげましょう。あえて苦言を呈す。

そして、人の振り見てわがふりも直そう(←最後に戒め)。



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。