『一流の偏愛力』を読了。キーワードは「偏愛×他者貢献」


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

昨夜、『一流の偏愛力』をKindleで読了しました。

どんな本かというと、

本書は、トップリーダーに共通する「偏愛力」とは何か、そして、自分の強みや「好きなこと」を見つけてそれを武器にするには、具体的に何をしていけばいいかについて、ビジネスの最前線の知見を踏まえてまとめた一冊です。

要は、「熱中するほど好きなこと」が世の中を動かすので、これからは「好きなことでさらに他者貢献できること(=ビジネス・アイデンティティ)」をやるといいよ!というのがコアメッセージの本です。

とまあ、サクッと読めます。

数年も経てば陳腐化するようなフローなコンテンツではありますが、最近のビジネス潮流をおさえておきたい人は読んでおくといいかも。

立ち読みでもよかったんですが、「偏愛」がテーマになっていることからつい気になって買ってしまった次第です。

というのも、昨年「僕らは偏愛に魅了される」という主旨でブログ記事書いていたこともあって、ようやく偏愛が表舞台に出てきたなあと感慨深くもありました。

AIに代替されゆく編集。そして僕らは「偏愛」に魅了される

2017.05.23

「偏愛×他者貢献」が実現できるような仕事ってなかなか見つからないかもしれません。

ただやっぱり、

  • 自分の好きなことを仕事にして、
  • だれかが変わっていく姿を見ることができ
  • しっかり対価も得られることができれば

それって幸福度の高い仕事であることには想像にかたくないですよね。



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。