ひらめきが湧き出る!「ひとり温泉アイデアソン」が楽しい

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
ひらめきが湧き出る!「ひとり温泉アイデアソン」が楽しい

先日の福岡マラソンでの激走の余韻が、左脚にわずかに残っていたので、近くの温泉に平日の真昼間から行ってきました。

ここ「二丈温泉 きららの湯」は全国屈指のラドンを含む天然温泉。糸島市が無償で民間移譲したことが問題になっていますが、それはさておき庶民的な感じが気に入っています。

人が少ないから思考が研ぎ澄まされる

平日の昼間って、いいですね!

なにがいいって、人が少ない。しばし、僕とおじさんの2人だけの空間が堪能できました。

とはいえ、まあ温泉につかってとくにやることはないです。スマホもKindleも持ってなく裸一貫。

でも天井の窓から青空を眺めているといろんなアイデアが浮かんできます。

人が少ないほど、雑念が視界に入らず思考が研ぎ澄まされて良い!

この感覚に名前をつける

この感覚を忘れないためにも、なにか適当なネーミングをつけようと思い立ち、「ひとり温泉アイデアソン」と名付けました。

ちなみにアイデアソンとは、アイデア(Idea)とマラソン(Marathon) を合わせた造語で、グループでアイデアを次々に出し合うこと。これをひとり温泉につかりながらやる。

ああ、なんて贅沢な時間の使い方なんだ。

コーヒー牛乳を飲みながらアイデアメモ

ただ一点だけ、難点がある。

それはメモができないこと。いつもなら手元にiPhoneがあるので、Evernoteなりにメモるんですが、いかんせん手ぶらですからね。

記憶にとどめつつも、温泉から上がって休憩スペースでコーヒー牛乳を飲みながら、アプリを立ち上げてメモります。

最近はマインドマップでアイデアを整理しつつまとめています。

ひらめきが湧き出る!「ひとり温泉アイデアソン」が楽しい

メモアプリで箇条書きしてもいいんですが、アイデア同士ってどこかで互いにつながり合うんですよね。

アイデアの組み合わせは、また新しいネタになるので、マップ化することでつながりを可視化してやると全体が俯瞰できていいです(MindMeisterがシンプルでおすすめ)。人にも共有しやすいですし。

てなわけで、「ひとり温泉アイデアソン」、機会があればお試しください。

ひらめきが湧き出る!「ひとり温泉アイデアソン」が楽しい

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。