心をゆるがすような「謎」を捕獲せよ!謎ハンターのすすめ

自分の心をゆるがすような「謎」を捕獲せよ!

カワゾエです。

僕はふだん「はたらくを軽く」を旗印に、広報/PR系アドバイザーをやってます。行動指針は「サムライ」。身を軽くして思考をシンプルにするためです。

あらゆる情報が無料で手に入るようになったんですが、反対にだんだん飽きてきておもしろくないって思いませんか?

はい、おもしろくないです✋

なので最近はというと、いまだ解明されていない『謎』に満ちた歴史とかアートの方面にめっぽう関心が向いてしまっています。

 

先日、とある博物館に行ってきまして、半日近く過ごしました。

館内の展示物をみればみるほど、

「なんでこんな形なんだ?」
「なぜこうなったんだ?」
「今はどうなってるんだ?」

と次々と『疑問』がわいてきます。

 

その場でググったり学芸員さんに聞いたりすれば、その都度ある程度は解消したのでしょうが、それもどこかつまらないので『謎』のまま持ち帰ることに。

どうやって持ち帰ったかというと、クラウドメモの「Evernote」に

  • 展示物の写真
  • その展示物への疑問をテキスト入力

この2点をひとつのノートに随時おさめました。

 

(純正アプリではなく「FastEver Snap」で撮影&テキスト入力)

こうやって疑問を高鮮度に保ち、帰りの道中なんかで「ムフフ…」と言いながら、それぞれの『謎』について調べ、その調査結果をノートに追記するのが楽しいのです(これは趣味だな)。

SNSなんかで向こうからやってくる情報を受動的に受け取っても、心から感動したり共感することって少ないような気がします。

それよりもこちらから直接足を運んで取りに行く。

自分の心をゆるがすような『謎』を捕獲して、自分なりの方法で楽しむ。

それは場所でもいいし、人でもいい。

 

僕の場合、謎を通じて好奇心を広げてくれる人はTwitter界隈によくいるので、おもしろそうな人がいたら乾坤一擲のDMを送ってアプローチしています。

はじめて会う人と2時間トーク、相手の「思考の地層」に深く入り込む

2018.11.06

 

自分から能動的に取りに行く情報からは、ネットからは得られない示唆や洞察が得られますし、感性が磨かれてそれが仕事にも活きてきます。

 

でも『謎』って解明されないうちが花なんですよね。

土偶、仏像、コップのフチ子ちゃんなど「偶像崇拝」による心を軽くするヒント

2018.08.02

 

「書く」を武器に、メシ食べません?

2018年9月より、「書く」を武器にメシを食っていく人たちのコミュニティ『書くメシ』をはじめました。約70名のメンバーが同じ釜のメシを食べながら切磋琢磨しています。現在【第1期】メンバー募集中です!



はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。