《マインドマップ営業》年間の営業計画のアウトラインを社員と共有する

マインドマップで年間の営業計画のアウトラインを社員と共有する。


カワゾエです。

世界1000万人が利用するマインドマップツール「MindMeister」の国内マーケティング担当をしています。

ブレストや議事録プレゼンツールなど汎用性の高いマインドマップですが、営業チーム間での「営業計画」を共有する用途でも便利です。

どの客先にどんな商材を提案するかといった各論というよりも、

  • その年にどんな仕掛けをするのか?
  • どのような時系列で進めるのか?
  • 目標数値の目安はどれくらいにするのか?

といったもう少し上のレイヤーでのアウトライン(概要)について方向性を共有する目的です。

マインドマップで年間の営業計画のアウトラインを社員と共有する。

とくに社長が営業指揮をとっている中小企業の現場の営業パーソンたち。ワンマン社長の直感で勝手に計画された営業方針にしたがうのは精神的にも疲弊します。

営業会議では“社長の頭の中の営業マップ” をプロジェクターに投影し、社長ふくむ現場の営業がたがいにディスカッションしながら方向性を決めていくとやるべきことがクリアになります。

ぶっ飛んだアイデアを連発する社長に現場混乱!ならば社長の頭の中を「見える化」しよう

2017.02.11

🔗MindMeister(マインドマイスター)※無料プランあり



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。