仕事は「初動」で8割決まる

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
仕事は「初動」で8割決まる

仕事は「初動」で8割決まる。

なんだかベストセラー本にありそうなタイトルだけど、僕はそう思っています。

野球でもサッカーでも先制点をあげたほうが試合を有利に進めることができますが、まあそれと同じです。

で、具体的にどう動くかといえば、

  1. 仕事になりそうな相談があったらすぐに回答する
  2. ゴールまでの段取りと互いにやるべきことを示す
  3. まずたたき台としてプロトタイプを出す

などがあります。

至極当たり前のことではありますが、僕は「初動、初動、初動…」と念仏のようにいつも唱えています(ウソ)。

ま、それくらい思い入れは強いです。

それぞれ掘り下げると、

  1. 相手の熱があるうちに待ってましたとばかりにタイミングよく返す
  2. 全体像と道筋を相手の頭の中に自然と地図が描かれるように示す
  3. 「あ、ちゃんとやってくれるんだ」という安心感を相手に与える

ということです。

つねにベースは「相手」にあります。

お客さんって価格や品質もさることながら、スピードをかなり求めています。

「価格」はあくまでこちらの値付けでGO、「品質」については後から随時起動修正すればOKなのですが、

「スピード(Speed)」については、

絶対的な速さというよりも、似て非なるのですが「俊敏さ(Agile)」が大事だと思うのです。

そのためにどうすればいいか?

答えはひとつ。

ブログでもさんざん言っていることですが、「やらないこと」を決めて、ふだんから身軽になっておくことです。

「やらないこと」を決めて、はたらくを軽くしよう。

2017.10.06

思うに、「初動」さえバチッと決まれば、

最初から別にわざわざ日程調整してアポとって相手先に出向く必要なんてないんですよね。

それより納品や請求時に、満を持して会いにいく方を僕は選びます。



“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。