ギブギブ行為、それは一次情報を集めるためのポジション作り

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
ギブギブ行為、それは一次情報を集めるためのポジション作り

Googleにある情報はさして価値はありません。

そう、価値があるのはGoogleにまだインデックスされていない一次情報。

では、一次情報はどうすれば集まってくるのか?

先日エンジニアの知人と飲んでいたときにそんな話になりました。

2つのギブギブ行為

彼いわく、

一次情報を集めるためにいかにポジションをつくるか?」だと。

具体的に彼がやっていることは2つ。

  1. 勉強会を主催する
  2. ブログで情報発信する

それぞれ掘り下げていきます。

❶ 勉強会を主催する

エンジニア向けの勉強会って数年前からかなり増えてきましたが、彼はみずから勉強会を主催します。

毎回テーマ設定するのですが、基本的には彼が知りたいことや勉強したいことがテーマです。

特定の言語だったり、新しい技術トレンドだったりと多岐にわたります。

彼の勉強会では、2部構成です。

  • 1部では、その分野にくわしい技術者に講師をしてもらう
  • 2部では、すでに実装している開発者またはユーザーに話してもらう

つまり、彼本人が複数の第三者から教えてもらうような仕組みになっているわけですね。話し手が多様であるほど理解も進みますしね。

ひとりでまともに勉強していたら時間的にもしんどいですし、専門書もいくつか買い揃えるとコストもかかりますから効率的なインプット方法です。

❷ ブログで情報発信する

もうひとつはブログでの情報発信ですね。

僕もかれこれ10年ちかくブログやってますが、これホントです。

情報を出す人のところに情報は集まるってのはホントだな

2018.02.20

で、その彼がおもしろい表現をしていました。

ブロガーはいわば情報の「前払い」をしている。

なるほど。

あらかじめ先に支払っておくことでポジションが優位になると。

つまり、自分が会って見たい人にアプローチするときも、常に外部に発信しており、自分がどんな人間なのかをさらしていることが可視化されているため警戒されにくい。

自分が会いたいと思っている人に対してのアポ率も高いと。

ストレスなく好奇心赴くままに

そんな彼の話。

僕自身、なんとなくは理解してはいるものの、実体験を聞くと腑に落ちました。

勉強会はちょこちょこと開催してくれるし、ブログでも情報をわかりやすくまとめて発信してくれる。日ごろの彼のギブギブ行為が、自然と手元に一次情報が集まってくる仕組みになっている。

義務感もストレスなく、好奇心赴くままに楽しんでやっている点がいいですね。

それで結果的に短期間で効率よくインプットできてるんですから。

 

👇 この記事は彼にアドバイスもらいつつ作成。時間に融通が利く彼はまさにフリーランスエンジニアやってます。

《2018年まとめ》フリーランスエンジニアという自由な働き方(10のメリット、契約形態、定番エージェントなど)

2018.03.01


“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。