フリーランスの収益モデルを研究しまくる

カワゾエユウキ
フリーランスの収益モデルを研究しまくる

フリーランスたるや気楽ではありますが、お金の面はそうでもありません。

組織に守られていませんから、いつ野垂れ死ぬかわかりませんからねw

そんなわけで僕はフリーランスやひとり経営者の人たちの収益モデルを研究しまくっています。

たとえば梅木さん(@umekida)とか、平野さん(@junya_1991)とか。

彼らが運営しているサロンに潜入したり、身銭をきって決算レポートを買って参考にしてますが、まさに“はたらく”を軽くを体現されています。

共通点を挙げると、

  1. 分散化している
  2. 毎月のベースとなる定期収入がある
  3. ポートフォリオを考えている
  4. アウトソーシングを活用している
  5. 資産運用をしている

こんな感じでしょうか。

 

実はかくゆう僕も上の5つは実践しているつもりです。

僕もぼちぼち稼がせてもらってますが、彼らの稼ぎ具合もなかなかシビれるね!

フリーランスになって収入と可処分時間はどれだけ増えたか?

2018.01.04

あ、それとな 、

「オレもこんな働き方がしてー!」

とよく周りから言われるんですが、独立するのであれば、まず❷の定期収入のアテをつくっておくといいと、僕はよくアドバイスしています。精神安定剤になるから。

👇 論理補強のため、平野さんの助言コメントも引用しておきます。

これから独立をしようとしている会社員の方などにも、あてはまりそうですが、半年くらいかけて、毎月10万円くらいキャッシュフローを生み出せ、かつ土日だけの管理で完結するスモールビジネスを作れると、ベーシックインカムのような役割になり、新しい挑戦や転職などもしやすく、フットワークが軽くなると思います。(サロンより)

以上、「こういう働き方いいなあ」とか、「こんな稼ぎ方はできそうだななど、自分が理想するロールモデルみたいな人をみつけて徹底研究してみるのもいいです。

モデルも一人だと偏るんで、何人かを対象とするといいです。で、自分に都合のいい要素だけを抽出して適用するんです。

ベンチマークするにもお金と時間を要しますが、確実に「模倣⇒アレンジ」できる要素はあるのでいずれ回収するつもりです。

《図解》糸島在住フリーランスの私ゾエが5つの収益モデルを全公開します!

2017.10.04


“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。