《Evernoteの小枝 #017》セミナー時のメモはEvernoteに残して後から検索できるようにする

カワゾエユウキ
Evernoteのちょっとした小枝を集めていく《Evernoteの小枝》

Evernoteのちょっとした小枝を集めていく。

17本目の小枝は、「セミナー時のメモはEvernoteに残して後から検索できるようにする」です(これまでの一覧)。

Evernoteにあらゆるメモを記録

記録する方法は大きく2つあります。

  1. 直接Evernoteにテキスト形式で入力してもいいですし、
  2. 紙のノートへの手書きメモをスマホで撮影(※)して画像を保存する方法もあります。

(※)撮影方法:Evernoteの純正アプリで撮影するか、「Scanable」でスキャンするやり方があります。

セミナー時のメモを記録する

僕の場合は、ノート名を「セミナータイトル_日付」の形式で統一しています。あとはセミナーのポイントをひたすら箇条書きで入力するだけです。

《Evernoteの小枝 #017》セミナー時のメモはEvernoteに残して後から検索できるようにする

記録のポイント

検索しやすくしておく

あとから検索しやすくするため自分にあった方法を試しましょう。以下、いくつか挙げます。

  • 自分が検索するであろうキーワードをノート内に入力しておく(例:テーマ・講師名・会場名)
  • 「セミナーメモ」という名前でノートブックをつくり、一箇所に保存しておく
  • ノートに「セミナー」というタグを追加しておき、タグから検索できるようにしておく

メモ以外に記録するもの

  • セミナー時の配布資料
  • ホワイトボードの板書の写真

などもあわせて保存しておくと、セミナー受講時の記憶がより呼び起こされやすくなってオススメです。

参考事例

👇たしかに手書きメモの場合、あとから見返すことがあるのかは極めて低そうですね…。

Evernoteで身軽に!

ゾエ

Evernote、あらゆる情報を一元化できて必要なときにサッと引っぱり出せるので、すごく軽くなりますよ。

【保存版】Evernoteの使い方ベスト30!原稿作成、業務指示、パスワード管理、アイデアや音声メモなど

2017.06.11


“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。