日付を最初に決める。これがイベント段取りの一番のポイント

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
f52592e1

今月もイベントがいくつかあります。

10/13「Evernote User Meetup 2014 ITOSHIMA」
10/31「NewsPickers Meetup KYUSHU」

イベント段取りの一番のポイントは、日付を最初に決めることです。

イベントも大小ありますが、とくにだれかを巻き込んで実施する場合は、調整ごとがさまざま発生します。

コンセプトがゆるくても日付を決め打ちする

方向性がある程度定まったのちに、最初にやることはまず日付を決めることです。コンセプトがゆるくても日付を決め打ちします。

日付が決まれば、必然的に「いつまになにをやればよいか」を逆算して、集客など具体的な段取りが立てられます。日数単位でやるべきことが定量的に測れるからです。

日付が決まったらあとはがんがん前に進める

日付は絶対値でもあり、後から修正はしづらいもの。関係者の前後のスケジュールにも関わるので迷惑をかけることも。

一方で、テーマ決めやゲスト決めは後から修正でき、関係者の理解も比較的得られやすいものです。

変えにくい日付を先に決めましょう。
日付が決まったらあとはがんがん前に進めましょう。

(photo by nevil zaveri@flickr)


🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。