僕が「初回お試し無料相談」をやらない理由を書きます。

「初回お試し無料相談」をやらない明確な理由を書きます。

アイガモ🦆代表の川添です。

僕はコンサルティングの依頼を受けるときは最初から対価をいただくようにしています。

巷ではよく「初回お試し無料相談」とかありますが、それを利用する顧客層の質を鑑みると、最初から対価をいただいた方が、その後の継続率もいいですし、年間契約ともなれば長い目でみてもそれがストック収益になるからです。

 

「無料ほど高くつくものはない」とか、「無料で受けた手前、そのあとのお願いごとを断りづらい」なんて経験はあるでしょう。

この【無料力学】がときに、お互いの関係性をややこしくすることがあります。

 

もっとも、「初回お試し無料」がビジネスに奏功するケースもあります。

一方でだれでもすぐにできるゆえ、安易な施策には安易な顧客属性が付きやすくなる。

俗にいう『free ride(フリーライド)』ってやつです。

 

良質な顧客に効率的に出会えるためには、このフリーライド対策、つまり顧客のスクリーニング(=見極め)が肝になります。

僕が地道に情報発信をするのもその一環。

たいていの場合、共感をした方からご連絡をいただくため、「お試し無料でお願いできる?」といった無茶な依頼は皆無です。

HPには料金を書く。「結局いくらなの?」とストレスを与えてはいけない

2019.01.27

「なぜうちのサービスは認知されないのか?」の9割はそのための努力をしていないから

2018.11.18


「編集」の力で世の中を丸くする。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。