やっぱり「ナマジカ」!自分の専門外はその道のプロにお金払った方が結局安上がり

自分の専門外はその道のプロにお金払った方が結局安上がり

カワゾエです。

僕はふだん「はたらくを軽く」を旗印に、広報/PR系アドバイザーをやってます。行動指針は「サムライ」。身を軽くして思考をシンプルにするためです。

今年のはじめにこんな投稿をしました。

8年で1.6倍!個人年金保険の運用成績が優秀すぎる

2018.01.27

8年間、毎月一定額をコツコツ投資していますが、現在も変わらず日を追うごとに成果が出ています。

ざっくり元本の1.6〜1.7倍です。

仮に、元手が1,000万円だとしたら8年間で1,700万円、つまり700万の利益というわけです(基本ほったらかし)。

 

長期投資をはじめる前はまったくの素人でした。

ですが、あるきっかけから資産運用のプロの方に定期コンサルを依頼し、「直に」レクチャーを受けることに。そこからお金の使い方や考え方ががらりと変わったのです。

専門家の力を借りなかったとしたら、素人発想のままお金を保持し、銀行にとりあえず預金しておくか、よくわからない投資商材に手を出していたかもしれません。

成果もしっかり出ていますし、相談料を支払ってでもやはりその道のプロに任せたほうがよいと思います。

 

ビジネススキルの習得やITツールの活用なんかもしかりです。

YouTubeなんかに無料動画がありますが、あれは断片的です。要は中途半端ってことです。

そもそもYouTubeをはじめとする無料情報の多くは収益モデルが広告です。アクセスを増やしたり関心を集めるために、恣意的に情報が編集されていることもあります。

ポジショントークにまみれたネット情報でスキルを習得しようとすればするほど、やはり中途半端になり時間だけを消費し、結局は高くつきます。

 

同じく、自分の目や耳で「生で」情報を得ることもとても大切。

多くの人が本やテレビ、ネットから多くの情報を得ていると思いますが、リアルではテキストや画像、動画とは比較にならない量の情報を受け取ることができます。

セミナーにしても講演会にしても、現場で「生で」聞くこと。

どこに抑揚をつけて話したか、会場の参加者はどこに関心を寄せていたのかなど、現場でしか体感できないような解像度の高い情報を得られます。

 

キーワードは、「生(ナマ)」と「直(ジカ)」

とくに専門外の領域のことは、ナマジカが早く成果にたどり着きやすくなります。YouTubeは、あくまで情報の補完役として活用しましょう。

え!?なるべくお金かけたくない?

むろん、一時的な出費になるかもしれません。

が、対価を支払うことで有益なノウハウやアドバイスが得られ、その後何年にもわたって、真っ当にスキル習得ができるのであれば、意味のあるコストではないでしょうか。



はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。