「転職した方がいいの?現状維持がいいの?」という質問の意味のなさ。

カワゾエです。

ふだん経営者をはじめビジネスパーソンの頭の中のぐるぐるを「整理」して、進むべき道筋をつくる仕事をしています。

 

なんの前触れもなく「転職した方がいいの?独立がいいの?」と聞かれたら「知らんがな」と言いたいところですが、ぐっと抑えて大人の対応をしています。

世の中は「手段沼」にハマってしまう人たちがいます。

  • 住むなら賃貸か?持ち家か?
  • 目玉焼きにはしょう油か?ソースか?
  • ブログ書くのにWordPressか?アメーバか?

それはさておき、そんな彼から話を聞いていると、「転職いいよ!君ならいけるよ!大丈夫だよ」と僕から言ってほしいような印象を受けました。

彼の言葉の端々からはそんなふうな「妄念」が垣間見えるのです。

ん?背中を押してほしいだけのか?太鼓判がほしいのか?太鼓判があれば転職の不安が払拭できるのか?

さらに深堀していくと、どうやら彼の背後には転職エージェントの影があるようで、いまをときめくキラキラした企業をいくつも紹介されている模様。

彼には二つ質問しました。

  • 転職したらどんな仕事がしたいのか?
  • 今までのスキルがどう活かせるのか?

第一階層は回答できますが、第二第三と深く浸入するほどに、もごもごもご…。やはり企業のネームバリューが彼の中で多くを占めているようで、記号転職の予備軍とも呼ぶべきか。

考えてもみてよ。転職業界ではたらく人たちって、そもそも転職させたい人たちだよね?採用が決定したら手数料を企業からもらうモデルなんだよ。たしかにそうですよね。。。

大事なのは、彼が今の会社でどういう仕事をしてきて、どんな成果を出したのか。

転職することでもっと理想の仕事ができるという人もいれば、じっくりと一つの会社に腰を据えて持続的に成果を出し続けることができる人もいる。だったら結果で評価してみては?

転職も現状維持も独立も、どこまでいっても「手段」でしかない。それ単体で考えるのは意味がない。その良し悪しは結果との兼ね合いでしか評価できません。

ちなみに目玉焼きには、しょう油派です🍳



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。