10年後どうなの?家族の同意得てる?独立起業するなら「キャッシュフロー表」を作成すべし

10年後どうなってる?独立起業するなら「キャッシュフロー表」を作成すべし

「会社やめて独立します!起業します!」と意気込んで報告してくる人が多い。

で、僕はこう質問する。

カワゾエ
応援するけど、家族の同意得てる?

結果は、「してる」「してない」で五分五分といったところ。

そりゃ、現時点でスーパーサラリーマンで、資産もたっぷりあればまだいいとしても、半ば勢いで独立起業はリスクだし、家族の同意得るのはむずかしいですよね?

そんなとき僕は「家族のキャッシュフロー表」を作成するように勧めている。もちろん僕も作った。

キャッシュフロー表とは?

将来の家計終始や貯蓄残高の推移を数字であわらした一覧表のこと。

とくに家族がいる場合、子どもの教育費や車や家の購入など、ライフプランの実現に必要な資金づくりための計画する際にシミュレーションに活用される。

キャッシュフロー表作成メリット

メリットはたくさんある。

  • 毎月いくら稼ぎが必要なのか可視化される
  • 家族の同意を得るための材料となる
  • 10年後、20年後に向けて今何をすべきかイメージできる
  • つねに未来を見て意思決定できる(=逆算思考)
とくにこれから独立起業を考えている人は、道しるべ的な情報だし、なにより数値化されているので覚悟が強まります。

Excelでダウンロードできる

日本FP協会のサイトから、Excel形式で「フォーマット表」をダウンロードできます。

それに基礎データを入力すれば自動計算すればOK。入力に必要な情報は、下記をかき集めて入力するとより精度が高くなります。

作成に必要なもの

  • 上記のExcelフォーマット
  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 住宅ローンの償還表
  • 家計簿
  • 預金通帳
  • クレジットカードの明細など

会社に辞表を提出する前に

独立起業時は不安はつきもの。

そう、たいていはお金関係。

だから会社に辞表を提出する前に、まずは「家族のキャッシュフロー表」をつくって、

  • 今の現状
  • 将来の見通し

を客観的に把握するところからはじめるべし。



はたらくを軽くしよう。

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。