出張帰りの荷物はできるだけ少なくしたいですよね?

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
e79958e7

これまで幾度となくEvernoteのビジネス活用講座をしてきましたが、参加者の約4割くらいが、講座終了後、即行でプレミアム会員になる、またはscansnapを購入されています。

買うか買わないかの二択

とくにScanSnapは寸分も迷いがないですね。

目の前で実際にスキャンして実演をしたり、プロモーション用の動画をみてもらうと、”これをこうすればこうなる” が目に見えてハッキリしているため、あとは「買うか買わないか」の二者択一に。

あなたならどっち?の二択

さらに「重さ400gの持ち運び型(iX100)と据え置き型(iX500)との2タイプがあります。あなたならどっち?」と伝えると、そこからまた判断がしぼられる。

そして最後にひとこと。

「出張が多い社長は、やはり持ち運び型ですね。その日にもらった名刺や書類を宿泊先でスキャンしてEvernoteに入れて社内共有しましょう。これでもらった紙は不要になります。すると、どうでしょう。カバンのなかはスッキリ、帰りの荷物はできるだけ少なくしたいですよね?」。

“善は急げ”の直感的判断

今日訪問したある社長は、iX100とiX500を各3台づつ即買いされていました。意思決定が早い。

iX100は社長と専務と営業部長で所持、iX500は各部署にすでに設置済。

「川添さんの講座で、ScanSnapの紹介をしてもらったとき、 “善は急げ” と直感的に思ったよ」と社長。さ、さすがです。

社長が即買いしたScanSnapがこれ

◎持ち運び型

◎据え置き型

【関連】
Evernote連携アプリ「Scannable」のおかげでスキャンホリックに
【図解】紙よ、さらば!2015年にも領収書の電子保管OKに!「ScanSnap⇒Evernote」の合せ技で決まり

 

Small team, great work… スモールビジネスでいこう!

(photo by Andy Rennie / flickr)


🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。