《16週連続》手放す気ゼロ!次世代銀行Bankera(バンクエラ)、今週もイーサリアムで利益配当

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
《16週連続》手放す気ゼロ!次世代銀行Bankera(バンクエラ)、今週もイーサリアムで利益配当

ブロックチェーン技術による次世代の新しい銀行を目指すICOプロジェクト「Bankera(バンクエラ)」。

昨日12/20(火)、Bankeraから【トークン保有者】に16週目の利益配当がなされました(毎週配当報告してます)。また【本ICO(11/27〜)】でBNK保有したユーザーは、ICO開始後3回目のレベニューシェアとなります。

ちなみに毎週の純取引収益のうち20%がトークン保有者へ分配される仕組みとなっています。

今週のツイッター民の声

ここでいつものごとくツイッター民の声をみてみましょう。コメントみていると、みんないろんな動機で購入されていますね。

 

Bankeraの期待値が高い3つの理由

ちなみに「バンクエラ」の期待値が高いポイントとしては、この3点です。

  1. すでに上場予定の取引所(SpectroCoin)を抑えている
  2. ICO以前よりすでにプロジェクトとして稼働している
  3. アドバイザーにNEM(ネム)のトップが名を連ねている

詐欺チックなICOが多くを占める中、これだけの条件を整えている案件ってある?

Bankeraに真に期待するコト

まあお金がいくらもらえるとかは二の次でよくて、やっぱりブロックチェーンで完全無欠の銀行をつくりあげようとするイノベーティブな企業姿勢に共感、ワクワクしますね。

世界中へ即時送金可能、手数料も安いし、融資や投資を受けるためのハードルも下がる。

自国の通貨が不安定でも、国境を飛び越えて新しい市場に飛び込んでいけます。銀行口座さえ作れない途上国の人たちはむちゃくちゃいます。この厳しい状況を打破する起爆剤になる、そんな期待をしています。

規制だらけの既存の金融システムが張りめぐらすガラスの壁を打ち破って、閉鎖的な社会に風穴を開けるプロジェクトとして、僕は「Bankera(バンクエラ)」に大きな期待を寄せています。

だから手放す気もありません!

学習教材として最適なBankera

新しい資金調達のあり方としてのICO。

有象無象の案件がはびこる中で、「Bankera」は僕がもっとも信頼し期待を寄せています。そうでないと毎週ブログで報告しないってば。

  • ICOに参加するとはどういうものか?
  • 次世代のブロックチェーン型の銀行はなにがすごいのか?
  • ICOプロジェクトのコミュニティ運営やユーザー対応

など学ぶための教材案件としてもおすすめ。

「BNK」トークンを買うには?

ゾエ
BNKトークンは、専用の取引所「SpectroCoin」のみ購入できます。

円やドルのほか、仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、NEMほか)でも買えます。「1BNK=約2.28円」(12/23現在)、1BNKから購入OK。

あ、仮想通貨を持っていない人は、「coincheck」や「Zaif」などで!(くわしくは下のリンクへ)。

《2017年ビットコイン初心者向け》ゾエ推しの仮想通貨取引所3つ

 

Bankeraとセットで、たびたび出てくるSpectroCoinについてはこちらで簡単に解説しています。

《解説》次世代銀行Bankera(バンクエラ)とSpectroCoin(スペクトロコイン)の関係性をサクッと解説します

2017.11.22

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。