ブログを毎日更新するだけで錯覚資産が積み上がっていく。

フリーランスこそ錯覚資産をつみあげろ。

カワゾエです。

福岡でフリーランスやってますが、最近ようやく自分の「提供価値とサービス」を言語化することができました。「軸足」がしっかりすると情報発信にもブレがなくなります。

先日「錯覚資産」について記事を書いたところ、まずまずの反響でした。

フリーランスこそ「錯覚資産」をつみあげろ。

2018.10.31

くわしくは本書を読んでもらうとして、ここで一つ言っていきたいことが、ブログを毎日更新するだけで錯覚資産が積み上がっていくという話です。

どういうことか?

先日Twitterにもつぶやいています。

鳥井さんも同じことを言っていますね。

 

そう、こんな便利な時代に、「継続すること=苦行」をあえて毎日やる。しかも簡単に発信できるTwitterでもなくインスタでもなく、わざわざブログで毎日書き続けるなんて、スゲーよ、ストイックだよ、というイメージです。

ブログは情報をストック(蓄積)型のメディアでして、自分の考えや気づきをきちんと文章にして起承転結を意識して書くもの。

毎日発信することで読み手の脳内に、じわじわとこんなイメージがインデックスされていくんです。

  • この人、自分の考えをちゃんと持っている人だ。
  • この人、自分の考えを伝えようとしている人だ。
  • この人、めんどくさがらず継続力のある人だ。
  • この人、◯◯のテーマや知識に明るい人だ。

で、いざその読み手のニーズが顕在化したときに、脳内Googleで「◯◯」で検索します。すると、自分の名前が検索上位に表示され、仕事の相談へといたるという仕組みです。

「ブログを書け」とはよく言われることですが、この仕組みを理解した上で書くのとそうでないのとでは結果が大きく変わってきます。

 

発信するときのポイントは、自分のサービスでも仕事術でもなく、「仕事観」をメインに発信すること。サービスなんてのは枝葉であって、ノウハウがネットで共有されているいまの時代は、「だれに」そのサービスをお願いしたいか?が判断軸になります。

おなじサービスを提供している人が複数いたとすれば、しっかりとした仕事観を持っている人に依頼したいと思うのは自然な感覚だと思うのです。

ブログは「仕事観」を発信し、サービスへと導引する装置である

2018.10.02

 

この本、まだ読んでない人はぜひ読んでみてください。テクニック云々というよりも「考え方」の本です。

📕人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている



今日も17時から🍺を飲もう!

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。