情報と注意はトレードオフ。ブログ記事は「15秒CM」のごとく

情報と注意はトレードオフ。ブログ記事は「15秒CM」のごとく


カワゾエです。

僕はふだん経営者の頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

このブログも毎日更新、できれば一日に2〜3本の記事を発信することを目標としています。

その際に心がけているのが、なるべく1本あたりを「長い文章」にせずにコンパクトな情報量におさめること。

スマホ閲覧者が8割である以上、なにを加えるかよりも、なにを削るかを考えたほうがいい。

自分が読み手だとしたらそう思いませんか?

ハーバート・サイモンという認知心理学者が、「情報の豊かさは注意の貧困をもたらす」という言葉を残しています。

つまり「情報」と「注意」はトレードオフの関係にあるということです。

 

テレビCMがなぜ15秒なのか?

自分が見たくて検索する情報は別にして、向こうからプッシュ型でやって来るものについては、せいぜいこれぐらいの時間が注意力の限界だからです。

 

ブログをコンパクトにする分、更新頻度を上げているのですが、幸いSEO効果も実感しているので今のところは理にかなっています。

《SEO効果てきめん》ブログの更新頻度上げたら、過去記事の検索順位が目に見えてUP!

2019.03.14


頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。