Bankeraに一点集中で学習効果2倍!資金を増やしながら新しいコトを学ぶ

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
Bankeraに一点集中で学習効果2倍!資金を増やしながら新しいコトを学ぶ

Bankera(バンクエラ)」というブロックチェーンの仕組みを使った次世代銀行のプロジェクトがあります。いま「ICO」と呼ばれる仮想通貨(トークン)を使った新しい手法で資金集めを実施しています。

で、そこが発行する「BNK」という独自トークン保有者には、①毎週イーサリアムで利益配当があります(現在16週連続)。

僕は配当のたびに毎週レポートを発信しているので、それ経由でのトークン購入者もいて、②紹介フィーも併せて入ってきます。

つまり保有するトークンの資産のほかに、①と②の収益が定期的にあるということです。

深く観察してみる

で、来年にでも余裕があれば、Bankeraに限らずとも、将来有望でかつ条件がよいICO案件にもチャレンジしてみてはどうでしょう?

これは興味がある人が対象ですが、たんにICO参加者としての目線でなく、自分がプロジェクト当事者だったら?という目線でプロジェクト全体を深く観察してみてください。とても勉強になることが多いです。

Bankeraの場合、とくにコミュニティ運営・ユーザーサポートは、各SNSを駆使(いずれも日本語対応)し、すべてオープンにして担当者がきちんと顔を晒して運営しています。その辺、とくにコニュニティを運営主宰してる人とか参考になるかと。

ゾエ
ちなみに僕は、Bankeraの初期の頃のチャット対応(Telegram)に心打たれました。邪まなユーザーを軽快にばっさばさっと対応する「無双ぶり」に惚れ、プレICOから参加しています。

学べるコト

もう少し具体的に挙げてみると、

  • ICOを通じた資金集めのプロセス全般
  • コミュニティ運営(公式Chat、各種SNS)
  • ユーザーサポート(公式Chat、動画)
  • プロジェクトのロードマップの作り方
  • チームメンバーのアサイン状況(だれを?なぜ?)
  • ホワイトペーパーと進捗状況の整合性

など

チャット等を通じて中の人に直接アプローチもできますんで、距離も縮まるし理解も深まります。学習効果も2倍。

彼らはICO参加者にはとくに寛容ですw

2つの目的を同時に満たす

というわけで、Bankeraに一点集中することで

  1. 資産を増やす(①毎週の利益配当+②紹介フィー)
  2. 新しい資金集めとしてのICOプロジェクトの運営方法を学ぶ

といった2つの目的を同時並行で効率的に満たすことができます。あくまで僕なりの学習法ですが。

時間は有限ですからね、効率よくいきましょう!

「BNK」トークンを買うには?

ゾエ
BNKトークンは、専用の取引所「SpectroCoin」のみ購入できます。

円やドルのほか、仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、NEMほか)でも買えます。「1BNK=約2.28円」(12/23現在)、1BNKから購入OK。

あ、仮想通貨を持っていない人は、「coincheck」や「Zaif」などで!(くわしくは下のリンクへ)。

《2017年ビットコイン初心者向け》ゾエ推しの仮想通貨取引所3つ

 

Bankeraとセットで、たびたび出てくるSpectroCoinについてはこちらで簡単に解説しています。

《解説》次世代銀行Bankera(バンクエラ)とSpectroCoin(スペクトロコイン)の関係性をサクッと解説します

2017.11.22

🔧このブログは、世界で1,000万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。