【告知】11/20『アンバサダー・マーケティング』をテーマにスピーチします(福岡)

【告知】11/20『アンバサダー・マーケティング』をテーマにスピーチします(福岡)

来たる11/20、友人が事務局を担当している九州エリアマーケティング研究会主催の例会(勉強会)にて、『アンバサダー・マーケティング』をテーマにスピーチをします。

アンバサダーは「大使」という意味です。どんなマーケティング手法かは下記参照。

twitterやFacebookといったソーシャルメディア上で、自社の製品やサービスについて紹介してくれ、時には批判から守ってくれるような熱狂的なファン=アンバサダーを育成し、活用するマーケティング方法です。近年では広告・宣伝よりも商品購入のために口コミ情報の効果が高くなっているため、情報発信力があるアンバサダーの活用が注目されています。(SFA hacks

この研究会は20年以上続く任意団体で、マーケティングに何らか関わる社会人メンバーによって構成されているそうです。初聴講の方は無料とのこと。

●日時:11/20(木)19:00~21:00
●場所:書斎りーぶる 福岡市中央区天神4-1-18 サンビル2Fセミナールーム

●第一部(19:00~19:40頃)
テーマ:「マーケティング基礎講座」
講師:山本久義
(Ph.D.: 地域マーケティング戦略論)
ビジネス戦略研究所 所長 / 九州沖縄道の駅ネットワーク 理事 / 福岡カレッジ オブ ビジネス 講師

●第二部(19:45~19:55)
テーマ:「宣伝せずに口コミで広げる! Evernoteやネスレ(ネスカフェ)の事例で学ぶ『アンバサダー・マーケティング』」
講師:川添祐樹
Evernote公式アンバサダー / MindMeister公式アンバサダー

※初聴講無料
※受付終了しました

アンバサダーに報酬はない

私は、Evernoteアンバサダーであり、MindMeisterアンバサダーでもあります。

前者はユーザーが世界に一億人(日本のアンバサダーは15人)、後者はユーザーが世界に300万人(日本のアンバサダーは私1人)です。

アンバサダーの役割としては、サービスの魅力を情報発信し、啓蒙活動を行うこと。報酬は一切もらわないのがルールです。報酬が発生するとビジネスになります。アンバサダーは本来ファンであり、良さを伝えてユーザーに使ってもらうことが最大の報酬となります。

企業側としてはいかに、自社のアンバサダーとなりうるファンを発掘し、持続的に気持ちよく情報発信してもらうかがポイントとなります。

Evernote、ネスレ、パタゴニアなどが導入

基本的に手弁当ではありますが、広く情報発信をしていると、まわり回って自分のビジネスにつながっていきます。「ビジネスにつなげる」という意思がなければ、私の場合、アンバサダー活動を継続するのはむずかしいです。幸いなことに、いまは奏功しています。

【関連】Evernoteのアンバサダーになってから営業活動がしやすくなりました

例会当日は、Evernoteやネスレ(ネスカフェ)、パタゴニアなどアンバサダー・マーケティングを導入している企業事例にくわえ、アンバサダーの立場としてもお話したいと思います。

興味がある方はぜひご参加ください。

アンバサダー・マーケティングに関してはこちらの本がよく売れているようです。

 

Small team, great work… スモールビジネスでいこう!

(photo by Mark Warner / flickr)



「編集」の力で世の中を丸くする。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,400万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。副業や転職時のキャリアの棚卸し、事業プラン策定、ブレスト議事録など使い方は自由自在。