「旅メシしたいんです。アドバイスください!」ってタダでするわけないだろ。

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
「旅メシしたいんです。アドバイスください!」ってタダでするわけないだろ。

今朝こちらのイベントレポートの記事を読んでました。

🔗【イベントレポート】旅を卒業しない覚悟をもつこと/『旅人が私らしく生きるためのライティング作戦会議』

イベント自体は、旅しながらメシを食っている人たちが、実際どうやってそんなことやってるのか?的な内容。

「教えて、教えて〜」

たしかに、旅メシっていいよなあ。

で、僕が「そうだそうだ」と共感したのが、登壇してた旅メシの人が言ってたというこのくだり。

旅メシにあこがれる人たちが「教えて、教えて〜」って寄ってくるんだって👇

良くないのは「〇〇したいんです」とだけ言ってくる人。そうではなくて「〇〇してみたんですけど、どうですか?」と実際にポートフォリオを持ってきてくれたほうが未来が見えやすいので、アドバイスも出来ます。

オモテとウラの回答

あー、これ僕も、「ネットでどうやって食べればいいんですか?」ってよく聞かれるんで、まさにこれと同じ構図です。

で、オモテ向きの回答は、

「あ、もしよければブログ読んでもらえれば…」なんですが、

腹の中では、

「タダで教えるわけねーだろ。」であります。

相手にストレスを与えない

質問するときって、相手がストレスなく回答できるように配慮するのがマナー。

スマホ持ってるんだから、

  • ググって下調べしておく
  • ブログ読んでおく
  • 著書買ってKindleで読んでおく

くらい少なくともやった上での質問がよいかと。

なーーーんも無しにアドバイスもらおうとするのって、失礼であるよ。

それだったらTwitterで流行っている匿名で質問できる「質問箱」サービスを利用すべき。回答してもらえるかはわからんけど。

時間を無駄遣いしないために

上の旅メシの人が言っているように、「これとこれは試したんですが…」と、なにかしらポートフォリオ(実績)があると、的外れな回答もなくなります。

その方が「時間」という貴重な資源をおたがいに無駄遣いしなくてすみます。

もっとも、高校生以下であればいくらでも教えるし、朝方までアドバイスします(たぶん)。

 

👇現在公開している収益モデルはこちら。これからはブログ運営による収益をより増やしていきます。

《図解》糸島在住フリーランスの私ゾエが5つの収益モデルを全公開します!

2017.10.04


“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で800万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。