1日1分たった5行の記録が、未来の自分を助けてくれる

1日1分たった5行の記録が、未来の自分を助けてくれる


カワゾエです。

ふだん経営者をはじめビジネスパーソンの頭の中のぐるぐるを「整理」する仕事をしています。

一日一日の価値が薄れてる感覚

僕は毎日寝る直前に1分だけ振り返り日記みたいな記録を付けていて、かれこれ7年くらいになる(※記録媒体は、紙のメモ帳⇒今は「えばろぐ」というEvernote関連アプリ)。

ネットが普及して情報が氾濫するにつれ、一日一日の価値が薄れてるような感覚を覚えてから、ほんの数行だけどその日感銘したことなどを記録するようになった。

今では「メンドクセー」を通り越して習慣化できているんで苦にはならない。

自分の成長を時間軸で実感

たとえば、5年前にできなかったこと、屈辱的な思いをした苦い経験も、今ではできるようになってたりしてる。Before⇒Afterが日付入りで記録されてるから、自分の成長を時間軸で実感できる。

だから凹んだときなんかは、「いつかできる、いつかオレはできるぞー!」と、Evernoteの過去のログを見ながら密かに自分を奮い立たせる。

偉人の名言を読んでその気になっても一瞬の高揚感は得られるが、そんなのってすぐ萎む。でも自分の成長の記録なら自信をとりもどすことができる。

だって、そこに書いてあるんだから!

しかも、それ書いたの自分自身だし!

ふり返りに最適な5つの問い

今からでも遅くないんで、スマホでピピピッと、ほんの数行だけその日の記録を残してみることをオススメ。

 

なにを書けばいいか?

たとえば下記の5つの問いはいかが?一日のふり返りに最適。

  1. その日なにがあったか?
  2. 誰と会ったか?
  3. どんなことに感銘を受けたか?
  4. それに対してどう思ったか?
  5. 明日からどうするか?

上で紹介したアプリ「えばろぐ」は今はもう配信されてないけど、これを同じようにあらかじめ自分で入力フォーマット作れるメモアプリってたくさんあると思うんで、ググってみるべし。

あと、人に見せるわけでもないので、だらだら文章を書かずに、キーワードだけでもOKだし、写真添付するだけでもOK。

1日1分、たった5行の記録が、未来の自分を助けてくれると思いますよー。



頭の中のぐるぐる🌀を整理しよう。

思考を整理するならマインドマップ。
このブログは、世界で1,000万ユーザーのMindMeisterでアイデアを整理しています。1枚のマップ上に情報全体をビジュアルで俯瞰、仕事のスピードが圧倒的に早くなります。