《新日本》今のプロレス舌戦は理路整然。噛まずに丁寧な敬語、観客への投げかけと同意

《新日本》今のプロレス舌戦は理路整然。噛まずに丁寧な敬語、観客への投げかけと同意

(写真:新日本プロレスワールド)

ivcon
どうも三度の飯よりプロレスが好きなZOEです。

 

リングの上の美しき舌戦。

先日、新日本10.9両国をワールドで視聴したんですが、いやなんというか興行として完成度高すぎ。

最後のオカダVS内藤の舌戦もなんとることか。

 

この舌戦も時代とともに変化している。

従来だと、長州VS橋本の「コラコラ問答」に象徴されるように、汚い言葉で勢いに任せ、ねじ伏せるスタイル。

 

でも今の新日は違う。

  • 言葉が聞き取りやすい
  • 理路整然
  • ほとんど噛まない
  • 話している相手に対して言葉をかぶせない
  • 観客へ投げかけ同意をとって発言する
  • 敬語などきれいな言葉を使う(とくに内藤)

といった感じ。

中でもやっぱり内藤が一歩も二歩も抜きん出ている。

節目節目でしっかり観客の同意を得つつ、着実に信頼を積み上げている印象。

お決まりの掛け声、各種ポーズ、チーム編成なども完璧。

 

さあ、1.4を正座して待とう。

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。