UI/UXデザイナーがマインドマップ使うならMindMeisterを全力で推す

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
UI/UXデザイナーがマインドマップ使うならMindMeisterを全力で推す

マインドマップを活用しているUI/UXデザイナーさんが増えている。

面白法人カヤックさん

たとえば、面白法人カヤックのデザイナーさん。

公式ブログで、「ユーザーを最短でゴールまで導くマインドマップ・遷移図のススメ」という記事を書かれていて、これがとても参考になる。

そのなかで、「デザイナーがマインドマップで遷移図を書くメリット」として次の3点を挙げている。

  1. ユーザー像を見定められる
  2. ユーザーのゴールを見定められる
  3. ゴールまでの最短ルートをひける

マドレボニータさん

Googleインパクトチャレンジで話題となったマドレボニータさん。

下の動画では、UXデザイナーさんが情報をマインドマップに展開・整理していく様子がうかがえる。

 

クラウドベースが便利

マインドマップ作成ツールは、たくさんあれどMindMeisterを推したい。操作が簡単でシンプルでいい。

もともとGoogle Documentから着想を得てつくられたクラウドベースのツール。だから共有もできるし、インストールも不要。

ChatWork社なんか超ヘビーユーザーで、会議の議事録メンバーが同時編集で作り上げていく。「会議終了=議事録完了」というわけ。すごい!と思ったので、直接インタビューさせてもらった。

 

最近は、Confluenceとも連携したり、ユーザー数も500万に到達したりと、勢いを増している。

▶︎MindMeister(マインドマイスター)

 



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。