ありがとう営業!キャリア経験最強説は「営業職」に決定したい

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
キャリア経験最強説は「営業職」に決定したい

先日、ブログをみた人のキャリア相談を寿司ランチをごちそうになりながら聴いていた。

なんだかんだで、営業経験とつちかった営業スキルってのは、やっぱり汎用的なんだなあと思った。組織にいようが個人だろうが、関係なく。

どんな会社ではたらけばよいか

なにがいいって、いたって「シンプル」で「フェア」なところ。

目標数値があって、ゴールがはっきりしていて、だれしも共通。

で、至るプロセスを自分で考える。結果さえ出せば、手法は自由、「お前の好きにしろ」と。まさに営業ってクリエイティブな仕事じゃないか!

「はい、好きにさせてもらいます」

手法を「考える」ってのが大事

いま思えば、この裁量の権利と範囲って、フリーランスに必要な要素、そのまんまやん!

なかでも手法を「考える」ってのが一番大事で、「考えるクセ」を身につけておかないと、いざ独立しても、「はて、どうすればいいんだっけ?」となる。

だから、裁量の権利と範囲が大きい組織ではたらくことの経験は大きい。将来、独立したい人はそんな会社で経験をつむのがいい。

営業に御礼を申したい

もし自分に営業経験がなかったとしたら….と想像すると、前途は多難だったかも。

ひと言、御礼を申したい。

「ありがとう営業!」

キャリア経験最強説は「営業職」に決定する。

 



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。