次々にいいカードを切るセブンイレブン

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
次々にいいカードを切るセブンイレブン

セブンが強い!
なにがすごいってコーヒーです。

日刊工業新聞によると、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」の15年2月期の年間販売目標を従来の6億杯から7億杯に上方修正。10月下旬に商品をリニューアル、品質を改良後も販売が順調に推移。11月末までで14年度の累計販売数が5億杯を突破。

5億杯ですよ!5億杯。

以下、NewsPickでの緋色 零氏のピックコメント。
コーヒーだけで、単価が高いスタバの売上の約半数を占めるとは…。

 

私のオフィスの近くにあるコンビニはローソン。「マチカフェ」と称してセブンに追随しました。正直、両者の味の違いはさほど感じない。

でもローソンスタッフさんの手渡しがちょっと違和感あるんですよね。スタバだとスマイル付きでしっくりくるんですが。コンビニコーヒーはやはりセルフがいい。

そう、コーヒーだけでなく、ついで買いもうながすことができる。セブンは、近くドーナツも売り出すとか。ミスド、戦々恐々。諸々のビジネスを飲み込んでいくセブン。まあ、消費者にとってはあらゆる「ライフ」がコンビニに集約されるので効率はよい。

複数のカードを用意して変化に応じて、その都度最適と思えるカードを切っていく。そんな「カードの時代」に、セブンはビジネスの土俵で体現しています。

ほんと、次々にいいカードを切っています。

 

Small team, great work… スモールビジネスでいこう!



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。