“ひとり社長”の仕事を楽にする。

Cloud Idea  投稿日:2017年5月12日

小学生の作文をマインドマップで下書きするというアイデア

小学生の作文をマインドマップで下書きするというアイデア

どうも、クラウドがないと仕事にならないゾエです。

なにげにTwitter見てたら、小学生の作文をクラウド型のマインドマップツールの「MindMeister」を使って、子ども本人が下書きを作成してるよ!というツイートを見かけました。

作文の8割は終わったもの

うーん、ナイスアイデア!

マインドマップは、アイデアをダーーーっと書いていって、一見ぐちゃぐちゃになっても、元をたどるとかならず中心に行き着く。

で、アイデアを一旦出し切ったら、次に関係あるもの同士をつなげていけば、最終的にはおのずと全体が論理的に整理できた状態になる。

そこまでできたら、作文の8割は終わったもんだ。

「5W1H」をテンプレ化

で、最初はいきなり真っさらな画面に「書け」と言われても、なにかいていいかわからないと思うので、次の「5W1H」を第一階層にしてテンプレート化しておくのもいいかも。

  • いつ
  • だれと
  • なにを
  • どこで
  • どうやって

で、必要に応じて、

「(自分が)どう感じた?」
「(自分は)どうしようと思う?」

を加えていけばいい。

3つのスキルが醸成される

子どものうちからマインドマップ術を身につけることで、こんなスキルが醸成される。きっと。

  • アイデアを拡散する
  • 論理的に整理する
  • 俯瞰することで全体像をつかむ

もちろん小学生だけでなく、われわれビジネスパーソンも議事録とか、企画立案時のツールとして使えます。

下書きを「ドラフト」と言い換えよう

ちなみに「下書き」は「ドラフト」と言い換えると効果的。

「ちょっとさ、今度の企画のドラフト、マインドマップで作ったんだけどさ、」

はい、これだけで周りから一目置かれますよ。きっと。

▶︎MindMeister(マインドマイスター)

Small team, great work... スモールビジネスでいこう! [Z]

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。

-

川添祐樹(Yuki Kawazoe)
サラリーマン、NPO、経済産業省調査官(クールジャパン担当)、フリーランスなどさまざまな仕事経験を活かし、現在は「“ひとり社長”の仕事を楽にする。」をコンセプトに、ITネット活用のコンサルティング・研修講師などの事業支援を行う。

・世界600万ユーザーのクラウドマインドマップ「MindMeister」のエバンジェリストとして、日本市場の拡大に従事。
・Evernoteコミュニティリーダー。
・ZOELOGは31万PV、福岡県糸島市在住。
[もっとくわしく]

クラウド型マインドマップ「MindMeister(マインドマイスター)」