「ペライチ」のプレミアム版を2ヶ月使って解約。そのメリットとデメリットを書いておく

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
「ペライチ」のプレミアムプランを2ヶ月使って解約。そのメリットとデメリットを書いておく

ivcon
川添(@kawazoezoe)です。

ペライチ」というなんともキャッチーなサービス名が印象に残るホームページ作成サービス。それが「ペライチ」。

「だれでも簡単にあっという間にホームページを作ることができる!」という、よくあるタグラインはもはや耳慣れレベルがMAXに達しているのですが、ひょんなことから使ってみよう!ということになり、プレミアムプランで2ヶ月ほど試したのでかんたんにレビューします。

メリット

◎メニューにムダがない

この手の無料ホームページ作成サービスは国内外でたくさんあるんですが、国産の中でも「ペラ」じゃなくて「ピカイチ」です。

ログインして実際のページ編集をするのですが、基本メニュー項目は左側に集約されています。

同類のサービスの中には、結構メニュー項目があちこち分散されていたりします(もう僕はその時点で「かんたんと標榜するな!」と声を上げます)。

またクライアントにも「社長、作るときは左上のココだけを触ってくださいね」と伝えやすいです。

◎編集画面の見やすさ

ページを作るときは、

「上にコレを持ってきて、下にコレを置いて、あ、やっぱり上がいいな」とあれこれ考えながら作ります。

この「思考する」のと「操作する」が、一緒に結束し合う感じでサクサク作ることができます。

たとえば細かいですが、項目を追加する「+」や上下に移動する「↑」「↓」のアイコンの視認性と操作性がとくによいです。

なんてことないかもしれませんが、「思考×操作」が一心同体になれるのはアイコンに依るところが大きいなと感じています。

デメリット

◎ スペックに対して割高じゃね?

すごく使い勝手はいいんです!ムダがなくシンプルでいいんです!

でもやっぱり割高感が否めません。

プレムアムプランだと公開ページがたったの5ページ。

ま、あくまでWEBサイトというよりも1〜数ページ程度のランディングページ(LP)が目的なので、百歩譲ってそこはよしとしよう。

でもPV(ページビュー)が上限月3万PVなのは、正直少し萎えちゃいます。最上級プランなのに、です。

これって仮に5ページのLP作ったとしたら、一日あたり1ページ平均200PVくらいで上限に達してしまうことに(つまりそういうことですかね?)。

この上限設定は僕にとってはネックでした。

だからスペックに対して割高に感じてしまいました。

ま、それでも使いやすいけどね

上げて下げて、最後に上げますが、それでも使いやすさはピカイチです。

あくまで僕の主観なので、割高には感じない人もいるでしょうからまずは試してみることですね。

 

ちなみに「プレミアム版」は30日間無料です(ただしクレカ情報を最初に要登録)。

プレミアムだと、リッチなパーツ類も使えてちょっとだけドヤ気分が味わえますが、結果的に僕は30日間無料で使ってみて、一度課金月を迎えて解約しましたが。

無料版は「ペラばれ」するのが嫌だ

あ、1ページだけ公開できる「無料版」もあるのですが、いかんせんURLがいただけないので、使うのは遠慮しています。

ページ内にロゴも表示されるし、「なんだ、お前もペライチかよっ!」と、「ユニばれ」ならぬ、「ペラばれ」するのが個人的には嫌なのです(だって自社のWEBページって、本来サービスの価値を伝えるものだからさ…ボソボソ)。

 

それと「ペライチで作ったページはSEOにやたら強い」という都市伝説がありますが、こちらは今回は検証できておらず、いまだ解明されておりません。ぺこりん。

以上です。



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。