NewsPicksやTwitterで発信しっぱなしで終わらせない。情報を再利用する私の方法

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
NewsPicksやTwitterで発信しっぱなしで終わらせない。情報を再利用する私の方法

“小さな組織が大きな仕事をつくる”のに最適な『武器』の一つがEvernoteです。

先日10/31に開催したユーザー交流会「NewsPickers Meetup KYUSHU」の中でもお伝えしたネタです。

私は、NewsPicksでコメント投稿した情報を、Evernoteに自動的に記録しています。目的は、情報データベースとして一元管理して、アイデア発想などアウトプット時に活用するためです。

Evernoteにストックされるまでの流れ

情報の流れをイメージにするとこのようになります。

NewsPicksやTwitterで発信しっぱなしで終わらせない。情報を再利用する私の方法① NewsPickでコメント付きで発信する(必ずTwitterにも流れるようにチェックを入れる)
② Twitterに流れる(投稿に#NewsPicksというハッシュタグが付く)
③ Evernoteの指定のノートブックに保存される(予めtwieveで連携を設定)

最終的にEvernoteに下のような感じで毎日保存されます。もっとも、NewsPicksを使っていないユーザーは①のプロセスを省いてもOKで、最後はEvernoteへ落ちていきます。

NewsPicksやTwitterで発信しっぱなしで終わらせない。情報を再利用する私の方法

佐々木俊尚さんのやり方をアレンジ

これは以前ITジャーナリストの佐々木俊尚さんがご自身のメルマガの中で書かれていたやり方をアレンジしたものです。

佐々木さんが毎朝、Twitterでキュレーションされています。その投稿情報をTwilogでストック、必要なときに検索をかけて、原稿や講演レジメ作成などのアウトプットの素材として再利用されています。

朝キュレしたことで、その情報についてのコメントとURLがTwitterに ログとして記録される。Twilogなどのサービスを使い、後からデータベ ース検索的に再利用できる。

原稿を書いたりトークイベントのレジュメを作るときなど、「そういえばこの関連情報は前にこういうコメントで朝キュレに流したよなあ」 と思いだし、Twilogで検索します。記事の見出しなどは忘れていても、 自分のコメントに使った単語などは案外忘れていないので、その単語で 検索するとたいてい一発で当該の朝キュレがヒットするんですよね。だから過去の膨大な朝キュレは、私にとってはとても大切な記事データベ ースになっているのです。

また、私にとっては重要な情報というのは、「私が日々立てているさ まざまな仮説に対して、その仮説を裏付けるか、あるいは逆に反証して くれている情報」です。こういう記事に触れることによって、自分の仮 説をさらに進めたり、あるいは考え直してあらためて構築するというよ うな作業を行えるようになるんですね。日々、その繰り返しです。

思考の断片をアイデア素材として再利用する

私も佐々木さんと同じく、アウトプットの素材として再利用しています。あくまでそれが目的です。動的にかつ最終的にEvernoteに素材が落ちてくるような仕組みにしているだけです。

文中の「自分のコメントに使った単語などは案外忘れていない」とはまさにその通り。自分の脳みそを通過してつむぎだした言語はそれなりに価値があると思います。記録は記憶を想起させますし、せっかくならば、自分の過去の思考の断片をアイデア素材として活かしてみてはどうでしょう。

Evernoteで一元化するとラク

NewsPicksやTwitter上の情報は、どちらかといえばフローな情報です。佐々木さんのようにTwilogでストックされた情報を後から追うこともできますが、プラットフォームが別になると、私はちょっと面倒なのでEvernoteで完結するように一元化しています。

新機能である「コンテキスト」も実装間近です。思考の断片と化学反応を起こすことで、予期せぬアイデアが生まれることを期待します。

【プレミアム機能】コンテキスト: 賢い頭脳が集まることで、より充実したアウトプットが可能に|Evernote公式ブログ

ちょっとマニアックですが、参考になれば幸いです。



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。