モノに支配された生活から、モノを管理する生活へ

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
モノに支配された生活から、モノを管理する生活へ

『日経おとなのOFF 12月号』より

日ごろ生活していると、物理的なモノって増えていく一方ですねー。

もうこれってどこかのタイミングでドラスティックに「残す」or「手放す」を決めたほうが、長い目でみたときに賢明な判断だと思うのです。

  • モノ探す時間のムダ
  • 部屋が散らかることによるイライラ

などあまりいいことありませんから。

とある雑誌に「片付け特集」があり、ふと目にとまりました。

15の項目ごとの「残す or 手放す」の見極め方リストが紹介されていて、なるほど参考になりました。

ルールを決めておく

ポイントは、自分なりのルールというか、ざっくりでもいいので基準みたいなものを決めておくことですね。

モノにも寄りますが、

  • 本であれば、寄贈・献本する
  • 服やデジタル機器であれば、メルカリに超格安で出品
  • 食器など生活用具であれば、バザーにまとめて出す

などです。

下手に利益出そうとすると買い手がつくまでに時間を要しますので、基本は「欲しい人に無条件であげる」。

これで処理スピードが格段にアップします。あくまでお金ではなく、スピード優先。

「目印」をつけてクラウドに保存

僕なりのルールを一つ挙げるとすると、「デジタル化できるモノは、データ化してクラウド上に保存しておく」があります。

  • 紙系であれば、ScanSnapでスキャンしてEvernoteに保存
  • 家電など説明書は捨て、メーカーのHPに公開されている説明書(PDF)をGoogleドライブに保存

いざ必要となったときに、検索して引っ張り出す。

そのために、ファイル名に日付を入れたり、タグ付けしたりと「目印」を付けておくこと(ココでの最初のルール化が重要!)。

整理するというよりも、有事のときにすぐに引っ張り出せる状態をいかに維持しておくかが大事かなと思うのです。

ゾエ
あ、今「ペーパレスの風雲児」ことScanSnapが1,000万台突破を記念してキャンペーンやってます。年末の大掃除のお供にいかが?身のまわりを軽くして、新年を迎えましょう〜!



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。