世界初のMindMeister公認エバンジェリストに就任しました!

世界初のMindMeister公認エバンジェリストに就任しました

“小さな組織が大きな仕事をつくる”のに、マインドマップは最適な武器です。

ご報告です。

このたびMindMeister(マインドマイスター)公認エバンジェリストに就任しました。

MindMeisterとは?

MindMeisterは、頭の中で考えていることやアイデアを整理し、わかりやすい図に書き起こしていく思考ツールである「マインドマップ」をオンライン上で、

①作成(Creat)
②共有(Share)
③プレゼン(Presentation)

が一気通貫にできるドイツ発のクラウドサービスです。

2007年リリース、全世界250万ユーザーに利用されており、ORACLE、SAP、Stanford University、ChatWorkといったグローバル企業や大学等でも幅広く導入されています。

エバンジェリストとは?

昨年6月以降、これまで公式アンバサダー [※] として、国内におけるMindMeisterの普及活動を行っていましたが、4/21をもって公認エバンジェリストへと役職が変更いたします。

「エバンジェリスト」とは、

IT業界で注目されている新しい職種、あるいはその役割を担う専門人材のことで、高度化・複雑化が進むIT環境のトレンドや最新テクノロジーをユーザーに向けて分かりやすく解説し、啓蒙を図るのが主な任務です。(日本の人事部より

なおエバンジェリストは今回新たに創設された制度であり、私が初の認定者となります。

[※] アンバサダー(大使)は、私のほかに世界各地に23個人6団体が認定(4/21時点)

MindMeister.jpを開設

エバンジェリスト就任にともない、MindMeister.jpを新たに開設しました。

後日ブログも公開予定です。今後継続的に情報発信をしていきます。

価値や未来を伝える

私はEvernoteのアンバサダーでもありますが、今後もEvernoteと同様に国内のスモールビジネス(小規模組織)に向けて、啓蒙活動および活用提案をしていきます。

エバンジェリストの仕事をひと言であらわすと、「伝える」ことです。

サービスだけではなく、それによる新しい価値や組織の未来についても伝えていきます。

現在、業務提携していただけるパートナーも鋭意募集中です!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。