人生の悩みの99%は筋トレで解消できる!今こそ「筋トレライフバランス」を

人生の悩みの99%は筋トレで解消!今こそ「筋トレライフバランス」を

どうも、かつて部活をしていた学生時代の主食はプロテインだったゾエ(@kawazoezoe)です。

そのころ『週刊プロレス』の背表紙で紹介されていた通販広告をみて、トレーニングマシンを即買いし、自宅の部屋に設置してことあるごとに鍛えてました。

“筋トレ”をフックにした自己啓発書

巷ではどうやら筋トレブームらしく、当時「ナルシストかよ」と後ろ指を刺されながらバーベルを持ち上げていた僕からすると、「時代は変わったなあ」と感慨深い思いでいっぱいです。

で、人気を博している一冊がこれ。

これがなかなかおもしろい。

筋トレすることの有用性をしっかりと論理立てて解説する一方で、「自分は怠惰な人間だ」と卑下しているビジネスマンにズバズバと刺さる言葉が多く散りばめられている。

ジャンル的には自己啓発書だけど、あくまで“筋トレ”をフックにしているところがなんともユニーク。

筋トレが、ゆくゆくは日本の少子化解消につながり、日本を救うとまで言い切っている。まあ実現性は別にして、そこまで昇華して一冊の本に落とし込んでいるところもなんともユニーク。

読み終えたときには、筋トレしたくてたまらない衝動がきっと君を待っている。

ツイッターもおもしろい

それと、著者のツイッターがおもしろい。

 

さらに、同著者が書いたこちらもオススメ。

要は、筋トレを通じてタイムマネジメントが改善し、人生が豊かに!ってこと。

筋トレする理由

学生時代はカラダ作りという明確な目的があって、筋トレをがんばる理由が説明できた。

ムキムキほどではないが、ほどよく鍛えられた鋼の肉体を手に入れたときって、「オレはそのへんのチンピラとか余裕でたおせる!かかってこいや!」くらいの意気込みがあった。

でもいまは部活もやっていないし、一見すると筋トレする理由もない。

 

ただ考えてみれば、やるべき理由も多い。

  • アプリで記録したり仲間作ったりと筋トレをするプロセスそのものを楽しむ
  • 糸島⇆博多の自転車通勤ももっと楽になる
  • これからの人生100年時代を考えると、長く人生を楽しむにも健康が一番

….ほかにもたくさん出てくる。

 

そう、筋トレってあくまで能動的に取り組むもので、やらなくても明日死んでしまうわけではない。

だからそれをすることでどうなるか?と想像したときに「ニヤリ」とするならば、やったほうがきっと人生たのしくなる。

筋トレ、僕も半年前くらいまでは週一で通ってたけど、最近はサボり気味で月イチとかそんな感じ。

これを機にペースあげようっと。

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。