自前?クラウドソーシング?その判断軸をマトリクスで整理してみた

いろんな案件を頂戴します。

案件によっては、すべてを自前やるのか?一部をパートナーに依頼するのか?という課題があります。

ネット上で仕事依頼

後者の場合、いまは便利なことにいまはクラウドソーシング(CS)があります。言わずと知れたネット上で仕事を依頼できるサービスです。

CSはたくさん種類があり、特徴も異なります。

「どのCSに依頼すればいいと? でも顔が見えんけん、不安っちゃんね〜(博多弁)」とたまに尋ねられることがよくあります。

ここでは発注する側の立場として、私なりの判断軸をマトリクスでまとめてみました。

2つの軸で4象限

自前?クラウドソーシング?その判断軸をマトリクスで整理してみた

 

軸は2つ、その案件の①「技術レベル」の程度と②「すり合わせ」の頻度です。

それぞれ4つの象限をみていきます。

  • 【A】顔のみえる外部パートナー
    仕様が途中で変わる可能性があったり、マニュアル化しづらい案件は顔のみえる外部のパートナーに直接依頼します。
  • 【B】クラウドワークス・ランサーズ
    最初に仕様を渡したら、会って打ちあわせることなく完結できる案件。打ち合わせが必要だとしても基本チャットです。
    (例)システム案件や記事翻訳など。依頼先は「クラウドワークス」「ランサーズ」あたりが有名ですね。
  • 【C】ココナラ・shufti
    マニュアル化した手順にそってできる比較的簡易な仕事です。
    (例)画像トレースや原稿の誤植チェックなど。依頼先はワンコインの「ココナラ」、主婦ワーカーための「shufti(シュフティ)」など。レスが遅かったり、作業放棄も経験しましたw
  • 【D】自前でやる
    ハイコンテキストなのに、誰でもできる仕事は自分でさっさとやっちゃいます!

まず単価が低い案件から

案件に応じてクラウドソーシングを活用することで、コストを減らし、時間を短縮することができます。

資源に乏しいスモールビジネスこそ、クラウドソーシングを!」と高らかにさけびたいくらいです。

あ、決して回し者ではなく、アフィリエイト目的でもないですw 実際に利用していてめちゃくちゃ恩恵を享受しています。発注側としてはじめて利用するときは、リスク回避のためにまずは単価が低い簡易な案件からためしてみてください。

【関連】クラウドソーシングで生活費をかせぐ就職浪人生

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。