僕が日本語ラップを愛聴する理由

ゾエ (Yuki Kawazoe) 

ふだん仕事柄、「書く」ことが多いのですが、日本語って表現が豊かすぎて語彙がむちゃくちゃ多いことに常々気付かされます。

言うまでもなく、その恩恵を受けたのが日本語ラップで、

  • テクニカルな押韻
  • 言葉遊び

などを散りばめることで独自のおもしろさがあります。

 

で、僕らが一般的に「おもしろい」って感じるのも3パターンあると思っていて、

ゾエ
  1. お笑い的である
  2. 意味を理解したとき
  3. センスを感じたとき

日本語ラップはこのうちの2と3のおもしろさを同時に実感できて、これもまたおもしろい。

 

冒頭にもどって、だから「書く」という行為もその表現の幅を広げる手段としても、僕は日本語ラップを愛聴しています。

最近よく聴いているのが、火の国が生んだ餓鬼レンジャー。

中でも「ONE feat. SUGAR SOUL & JESSE 」は最高ですね。MVも好きです。

ここ数日、朝の目覚めとともに聴くのが儀式となっていますw

重要なのはタイミング
ラブもって咲かす大輪

これ以上どうしようもない
って時がきた時は仲間に托せ
蹴散らせ「過去」
ギアー段上げてこ ガッと
じゃあ振り切れベースボールバット
じゃあ乗り越えようぜ この逆境

文章力がメシの種になった話

2015.10.24


はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。