はたらくを軽くしたい

Fukuoka  投稿日:2015年4月28日

【糸島移住生活 #036】Instagramでは再現できないのがハーフサイズカメラPENの魅力

【糸島移住生活 #035】Instagramでは再現できないのがハーフサイズカメラPENの魅力

2年くらい前に糸島市に移住してきた川添(@kawazoezoe)です。

明日からゴールデンウイークに突入しますね。

今年の連休はどうやらハーフサイズカメラが活躍しそうです。そう、ファインダーが縦型で1コマに2コマ撮影できるフィルムカメラ・オリンパス「PEN」です。

「ハーフサイズカメラってなに?」という方は、ちょっとした衝撃を受けるかもしれません。下の記事に [図解] 入りでかんたんに説明しています。参照ください。

【糸島移住生活 #034】週末はハーフサイズカメラをもって“ことりっぷ”しよう

色味、光、ボケ… 予定不調和な写真

フィルムカメラゆえ、現像してみないとどう写っているかわからないのです。

とくに「PEN」で写すと、ほどよい光が反映されていたり、絶妙な色合いやボケになっていたり、よくもわるくも予定不調和な写真になることもしばしば。

 

ハーフサイズカメラで撮影したよ MASUMITAKAHASHIさん(@m_s_m_1230)が投稿した写真 –

   

PENは一発勝負

スマホカメラでInstagram、たまに使っています。

いろんなフィルタ機能がついていて、納得いくまで好みの色合いに仕上げることができて便利です。

でもPENは一発勝負。これぞPENの魅力です。Instagramでは再現できません。

 

ピンからキリまでたのしむ

「ピンからキリまで」という言葉があります。

私にとって、とても便利で予定調和なInstagramは「ピン」、きまぐれで予定不調和なPENは「キリ」です。

ピンばかりでは、どこかできっと飽きがくる。かといって、キリばかりでは、時間もお金もかかる。ならば、ピンとキリの両方を行き来してたのしめばいい。

最近なそんなことを思いながら、写真あそびを楽しんでいます。

【関連】“グッとくる”世界の絶景写真を撮るための高城剛氏の方法

 

Small team, great work… スモールビジネスでいこう!

はたらくを軽くしよう! [Z]

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。

-,

川添祐樹(Yuki Kawazoe)
サラリーマン、NPO、経済産業省調査官(クールジャパン担当)、フリーランスなどさまざまな仕事経験を活かし、現在はITネット活用のコンサルティング・研修講師などの事業支援を行う。

・世界700万ユーザーのクラウドマインドマップ「MindMeister」のエバンジェリストとして、日本市場の拡大に従事。
仮想通貨コミュニティ「カソウツーカー」主宰
Evernoteコミュニティリーダー

・ZOELOGは31万PV、福岡県糸島市在住。
[もっとくわしく]

クラウド型マインドマップ「MindMeister(マインドマイスター)」