【糸島移住生活 #001】牧のうどんで大盛りにすると大変なことになるので覚悟したほうがいい

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
【糸島移住生活 #001】牧のうどんで大盛りにすると大変なことになるので覚悟したほうがいい

1年半くらい前に糸島市に移住してきた川添(@kawazoezoe)です。

福岡のソールフードの代表格といえば、牧のうどん(本店は糸島市加布里)。疑い深い人は福岡県人に一度たずねてみてください。10人中2〜3人はそう答えるはずです。

「肉うどん+かしわご飯」はうどん界のBI砲

おすすめはなんと言っても肉うどん(540円)。

うどん好きの九州男児の友人はこう言います。

注文してもいないヤカンはうどんツユ。無料のネギを大量にぶちこんで出汁をすった肉と一緒に口の中にいれる ネギのシャキシャキ感と 肉汁のジュワッと感のハーモニーはたまらない。食べても食べても減らないこのうどんの量は九州男児の胃袋を虜にしてはなさない理由のひとつ。

牧のうどんでは、うどんと一緒にスープが入ったヤカンがもれなく付いてきます。これはとくに中めん〜軟めんの場合、スープを吸ってしまうため、それを補充するために配慮された画期的なシステムなのです。

私も肉うどんが好きでかならず注文します。
肉汁が強烈で、うどん本来のスープの味をくつがえすくらいの甘さになるからです。あわせて名物のかしわご飯を頼むのが王道です。

そう、牧のうどんの最強タッグ。かつての猪木と馬場のごとし。福岡うどん界の「BI砲」です。

大盛り注意。ただしカップルや夫婦で一杯という手も

ひとつだけ注意点があります。
これは肉うどんに限らないことですが、決して大盛りにしないことです。とくに初めての方は覚悟が必要です。胃がたいへんなことになります。

もし頼むのであれば、カップルまたは夫婦で大盛り一杯がちょうどいいです。私の知人は結婚前でお金がなかったころ、まわりの目を気にしつつも大盛り一杯で空腹をしのいでいたといいます。

肉うどんに固めんはアンマッチだった

最後に麺のかたさは中または軟めんがよいです。先日肉うどん大盛りをなにを思ったか、固めん大盛りで頼んだのですが、肉うどんにはアンマッチでした。しかもかしわご飯とセットだったため、お腹が大変な事態になりました。

くわしくは糸島ブログ「いとゆる」の下記記事を参照ください。
【食べた】あえて言おう「やわ麺を食え」福岡のソウルフード「牧のうどん 周船寺店」
牧のうどん講座」と題した連載記事もあります。

牧のうどんのほかに、大盛りにして大変になるといえばお好み焼きの「ふきや」が有名です。今度レポートします。糸島には店舗はありませんが。

糸島を知るならこれマスト!

糸島市の最新ガイドブックならこの二冊。地元の人気店もたいてい抑えてあるので間違いないでしょう。写真付きでわかりやすくまとまっています。

 



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。