フリーでいこう。仕事も遊びも

Idea  投稿日:2016年6月16日

情報と注意はトレードオフ。糸島推し情報もう飽きたよ

たしかにお腹いっぱいになってきた。

「知覚限界」を越えてきた

えっと、糸島そのものに飽きたわけではない。とっても魅力的ですよ。伊達に数十年住んでないですから。

僕が飽きたというのは、糸島推しの情報。

このところの地方への移住ブームも手伝って、ご当地モノがコンテンツとして掘り起こされていく。

僕が学生のころは、超人気なかった。ぜんぜん。「あ、糸島?あそこって佐賀県だっけ?」と田舎モノ扱いされてた。

ところがどっこい。今はようホジくられてる。

いろんなメディアで取り上げられ、SNSでも「行ったよ!」「食べたよ!」と、やたらめったら目にする。

するとどうなるか?

行ってなくても自分も行った気になったり(てか住んでるけど)、食べてなくても食べた気になったりと、錯覚してしまう。

そんな大量の情報を浴びすぎて、もはや僕の人間としての「知覚限界」を越えてきた。

限界値に近づくにつれて飽きを感じる。以前この記事にも書いたけど、ほんと情報と注意はトレードオフなんだなと思う。

【関連】洗練さと人間臭さのあいだ。インスタマーケティング、デジャブ感満載にならぬよう

「名言なんて聞き飽きたよ」

話は変わるけど、FB流行りだしたころ、うさん臭いFBページが「偉人の名言」とか「感動話」の投稿してて、たくさんの人がいいね!したりシェアしてたけど、めっきり見なくなった。

巷にあふれる名言たち。ライトすぎるよ、名言。

もはや名言も名言と感じなくなってくる。

サチモスだって『STAY TUNE』で歌っているじゃないか。

名言なんて聞き飽きたよ。うんざりだもう。

って。

「お前の基準に踊らされたくない」

ivcon「そんなら、ネットの情報見なきゃいいじゃないか」

ivcon「おっしゃるとおり」

ivcon「わかってんじゃん」

ivcon「あ、一つ断っておくと、糸島情報を発信する人がどうのということではなく、あくまで僕の知覚の受け皿が問題ですから」

ivcon「そだよ。良かれと思って発信してる人もいるんだから」

ivcon「ええ、『いとゆる』なんかは愛を感じます」

ivcon「結局、玉石混合なんだって」

ivcon「はい。スルー力をもっと磨かないと」

ivcon「なんかややこしい世の中だな」

ivcon「ですね。自分のポリシーないとふりまわされますね」

ivcon「だな。受け身でいることは一見楽だけど、他人の人生を生きたくないしな」

ivcon「サチモスも『alright』で同じようなこと歌ってました。

お前の基準に踊らされたくない。

って」

ivcon「そういえば、今年のサンセットライブ、サチモス出演するんだって」

ivcon「あ、その情報もう知ってます」

ivcon「・・・」

 

【関連】「なるべく糸島から出ないようにしている」。なぜ?

(img via jpichon_net)

フリーでいこう。仕事も遊びも [Z]

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。

糸島市在住の主夫フリーランス。 世界600万ユーザーのクラウドマインドマップ「MindMeister」のエバンジェリストとして、日本市場の拡大に従事。 このブログでは「AI時代のフリーランス的な働き方」について発信中。 [もっとくわしく]
クラウド型マインドマップ「MindMeister(マインドマイスター)」