Idea Work  投稿日:2017年5月30日

『多動力』を読んでホリエモンの膨大なプロジェクトをマインドマップ化してみた

どうも、ホリエモンの有料サロンに月一万円を支払い、まったくリターンを得られなかった川添(@kawazoezoe)です。

NewsPicks(NP)界隈を中心に話題となり、発売して早々かなり売れている様子のホリエモンの新書、その名も『多動力』。

本人もNPので「人生初のKindleと紙の本でのAmazon一位!かなり嬉しい。」とコメントしています。

20分で読破

本書のタイトルである『多動力』とは、「いくつもの異なることを同時にこなす力」のこと。これからの時代を生き抜くには『多動力』が必須だよ、という主旨の本。

 

そんな『多動力』ですが、とても読みやすく本日20分ほどで読破しました。

突飛なことを淡々と書いているようだけど、きわめてロジカルでしたよ。

要約すると、

人のニーズが変化したり、技術が進んだりとやりたいことが実現できるだけの環境ができている。だったら動こうよ。動かないままでいるのってさ、時間のムダじゃん。以上。

と、そんな具合。

複数の肩書きを掛け算

そんなホリエモンは多動力を発揮し、いろんな仕事を同時並行でやっている。

僕の活動や肩書きを思いつくままに列挙するだけでも「実業家×コンサルタント×プログラマー×作家×コメンテーター×クイズタレント×エンターテインメント・プロデューサー×ロケット開発者×飲食店プロデューサー×マンガ事業×オンラインサロン主宰者×アプリプロデューサー×予防医療普及協会×Jリーグアドバイザー×大阪万博特別顧問×映画プロデューサー×服役経験者×……」など、数え切れないほどある。

なにこれ?

いや、すごいね。目がくらみそうになる。

で、読者に対しては複数の肩書きを掛け算することでレアな存在になることができると説く。

掛ければ掛けるほど、肩書きは無限に増えていく。

マップ化して俯瞰してみる

ちなみに冒頭のマインドマップは、ホリエモンが手がけるプロジェクトをMindMeister(マインドマイスター)で、サクッとつくったもの。

こうやって俯瞰してみると、一目で把握できる。

マインドマップは、一つの面の中にフラットな情報をひたすら並べていくだけ。

「これから仕事を楽しく人生を充実したものにしたい」と思っている人は、いきなり多動力を発揮するのはむずかしいかもしれない。

だったらまずは自分の活動内容やスキル、肩書きを思いつくままにマップに書き出して、一度全体を俯瞰視してみるところからはじめてはいかが?

MindMeisterがその手助けとなるはず。

▶︎MindMeister(マインドマイスター)

Small team, great work... スモールビジネスでいこう! [Z]

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。

川添祐樹(Yuki Kawazoe)
サラリーマン、NPO、経済産業省調査官(クールジャパン担当)、フリーランスなどさまざまな仕事経験を活かし、現在はITネット活用のコンサルティング・研修講師などの事業支援を行う。

・世界700万ユーザーのクラウドマインドマップ「MindMeister」のエバンジェリストとして、日本市場の拡大に従事。
・Evernoteコミュニティリーダー。
・ZOELOGは31万PV、福岡県糸島市在住。
[もっとくわしく]

クラウド型マインドマップ「MindMeister(マインドマイスター)」