陥没被害の“穴埋め対応”はしばらく続く?福岡市の人たちが一斉謝罪に来られた

ゾエ (Yuki Kawazoe) 

「このたびは大変なご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんでした」
「あ、はい。いえいえ」

昨日オフィスで仕事していると、福岡市交通局とT建設JVの人たち5名くらいがぞろぞろとお見えになり、一斉謝罪。

例の博多駅前のカン没周辺エリアへの謝罪&被害状況聞き取り行脚をされている。

僕が仕事してるオフィスビルは、事故現場から50mくらいのところにあって、事故当初停電はしたけど、仕事柄とくに支障なかった。給水所の水が臭うようになったくらいか。

でも同じビルでも「うちはネットずっとつながらんかった」「うちはずっと停電してた」と、被害が入居者によってマチマチなようで、一件一件ヒアリングして確認しているとのこと。

道の穴はすぐに埋まれど、被害後の“穴埋め対応“ はしばらく時間がかかりそう。



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。