《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個

《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個

ivcon
川添(@kawazoezoe)です。

情報をインプットするのに、

  • 人に会う
  • 本を読む
  • ネットを見る

などありますが、三番目の「ネットを見る」に焦点を当てたいと思います。

私がずっと以前から使っているのは、RSSリーダー『feedly』。無料で使えます。

あらためてその特徴とメリット10個を一気にご紹介!

①見やすくシンプル

冒頭の画面スクショを見てもわかるとおり、きわめてシンプル。

あらかじめ登録したサイトやブログの最新記事の見出しが、更新順にずら〜っと表示されます。

ちなみに表示方法も「タイトルのみ」「マガジン形式」「カード形式」の3パターンから選べます。私はいつも「タイトルのみ」の表示です。

《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個

② 更新された情報のみが表示

『feedly』はそもそもRSSリーダーですから、登録しているサイトの更新情報を自動的にひっぱってきて表示させるという仕組みです。

当然ながら古い過去の情報は表示されません(『feedly』に限ったことではありませんが)。

③ 追加登録が簡単

《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個「このニュースサイトの最新情報をキャッチしたい」「このブログ、更新があったときだけ知りたい」

そのような場合に、『feedly』に追加登録しますが、画面右上のボックス(画像参照)にURLを貼り付けるだけ。

あとはワンクリックすれば登録完了。またその際に「カテゴリ」も任意で選択ができます。

④ カテゴリ分けができる

上の③でも触れたように「カテゴリ」を自由に作成可能です。

ちなみに私は300サイトくらい登録していることから、ざっくり整理するという意味でいくつかのカテゴリを作っています。

たとえば朝は「Business」「Blog」、電車の中では「Design」、寝る前に「Culture」といったように、一日のシーンにあわせて指定のカテゴリの更新情報のみを閲覧するといった使い方もできますね。

⑤ SNSとのクイック連携できる

おもしろい!と思った記事はそのまま『feedly』の画面から、簡単にFacebookやTwitterなどのSNSへと発信ができます。

これによって「収集:インプット⇒ 発信:アウトプット」が、切れ目なく連続的にできます。

《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個

⑥ Evernoteとのクイック連携できる

人気のクラウドメモEvernoteとも連携しており、『feedly』画面上で記事のクリップ保存が可能です。ただし『feedly』有料プランのユーザーのみの機能となります。

先日Evernoteの使い方について投稿しましたが、下記記事の[第5位] でも書いているように「ブラウザで記事を開く⇒Evernoteクリッパーで保存」という手順でも十分スムーズにクリップできます。私はこの方法です。

Evernoteの使い方ベスト30!原稿作成、業務指示、パスワード管理、アイデアや音声メモなど

⑦ 「あとで読む」機能の実装

これ便利ですよね。しおりのアイコンをクリックするだけで、「Read Later」に登録されますので、あとでじっくり読みたいときに重宝します。

⑧ IFTTTのレシピが作成できる

やや上級テクかもしれませんが、『feedly』といろんなツールの連携パターン(「レシピ」と呼ぶ)を自由に作れます。

たとえば、特定の条件が満たされると、記事のタイトル・本文テキスト・URLなどを整理した上でGoogleのスプレッドシートに送信するなど。

《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個

ただしこれも⑥と同様、『feedly』有料プランのユーザーのみの機能となります。

⑨ チームで情報収集機能に対応

これも有料ではありまが、チームで特定のカテゴリのみを決まったタイミングでまとめて自動送信することができます。

《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個

⑩ スマホアプリが使いやすい

もたつきが一切なくテンポくサクサク読めます。

私は朝起きたら通過儀礼としてパソコンで一気にチェックしますが、電車の中やちょっとしたスキマ時間にはスマホアプリを使っています。

《ネット情報収集》大量の情報をインプットするなら「feedly」その特徴とメリット10個

さいごに

情報のインプットはアウトプットの材料となります。

ですが限られた時間の中で良質な情報をインプットするのに人によってその方法にはバラツキがあります。

私はネットでの収集は『feedly』がメインですが、これも万人に最適ではないはずです。

この投稿をご覧になられて、少しでも「良さそうだな」と思われたらまずはお試しください。

 

そういえば以前もZOELOG内で『feedly』について触れていましたね、一部重複したかもしれませんが。

《ネット情報収集》毎朝300サイトをRSSリーダー「feedly」で情報チェックするのはもはや通過儀礼

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。