オヤジたちよ、Facebookでの “ソーシャルポエム” はやめとけ。

ゾエ (Yuki Kawazoe) 

(img via:SigNote Cloud)


ivcon
ZOEさん、大変です!

ここ最近、Facebookが “オヤジのタバコ部屋”みたいになっています。


ivcon
まあそう慌てんなや。今にはじまったことじゃない。


ivcon
若い人とくに煙たがっています。だって会社の上司なんかの日常の投稿なんて見たくもありませんから。


ivcon
「幻の焼酎ゲット!今中洲で飲んでるなう。○○さんは○○さんと一緒です」とかね。


ivcon
休みの日まで会社の人同士で飲むとか、オレら世代にはありえないっす!

あと「○○プロジェクト」とかいって、部外者の人もメンバーに交えて、勝手にグループつくられるのも困ります。

“若者の聖域” インスタグラム


ivcon
だから、インスタグラムへ巣移りするの?


ivcon
はい、それもあると思います。


ivcon
インスタグラムは若者にとっての“聖域” だって聞いたことがある。


ivcon
でもですね、このところインスタの地に足を踏み入れるオヤジたちが後を絶たないんですよ。


ivcon
オレはインスタあまりやらないんでよくわかんないけど、そうなんだ。


ivcon
しかも、最初にインスタで投稿してFBに連携させるパターンが増えていて。


ivcon
インスタ投稿すれば、そのままFBにも同じ投稿が自動的になされるわけか。

ソーシャル・オヤジポエム


ivcon
とにかくFBは、オヤジ同士のダベリ場になっているのも可視化されているし、あと深夜のポエムとかなんとかならないかと。

ダンディズムに酔ってますよ。

(img via:週刊アスキー)


ivcon
深夜、FBに流れる “ソーシャル・オヤジポエム”はあるあるだな。


ivcon
それ、ネーミング長いんで「SOP」にしません?


ivcon
「SOP」か、OKいいよ。


ivcon
ありがとうございます!

深夜になると誰しも詩人になる


ivcon
ていうか、この「SOP」問題、どうすればいいでしょうか?


ivcon
そもそも人間って、深夜になると詩人になるんだぜ。


ivcon
なんとなくわかります。でも、ほんとオヤジポエムはしんどいっす。

たとえば、こないだうちの社長が、

「ビジョンをともにする社員のみんなと前進する。俺たちは同じ船に乗った仲間なんだ。」

って投稿してたんですが、実際、会社の中ではそんな崇高な雰囲気出てませんから。


ivcon
言いたいことわかるけど、経営者ってさ孤独だし、現場の人間が想像もできない重圧を日々感じながら仕事をしてるんだと思うよ。

ときには詩人になって、心を落ち着かせることも心のバランスを保つ上では大事なことなんだって。

“詩人タイム”な。

ivcon
….なるほど。

考えてもみれば、オレも“賢者タイム”のときは、ちょっと冷たく別人になるって言われたことあります。

オヤジのポエムも気持ちが高揚して、ついカッコいい理想を語っちゃうんでしょうかね。


ivcon
そういうタイムなんだよ。“タイム限定の行い” と思えばいい。

でもFBでポエム投稿するときは、実際に目にしたくない人もいるようならば、「公開」設定で投稿するのは、なるべく控えたいいかもね。もちろん本人の自由だけど。


ivcon

友達以外の不特定多数の人が見る場では、どう自分が見られているかわかりませんからね。オレら世代って、その辺すごく気にするんですよ。

今度会社の飲み会のときに、まずは上司にチラッと遠回しにポエムのこと言ってみます。


ivcon
うむ。健闘を祈る。

 



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。