Evernoteスモールビジネスアンバサダーの私が仕事でよく使うクラウドサービス6つ [有料プラン]

先日、Evernoteの勉強会で「スモールビジネスアンバサダーの川添さんは、普段どんなクラウドのサービスを使ってらっしゃるんですか?」とたずねられましたので、ブログでもちょっと紹介します。

年に数回しか使わないサービスも含めるとかなりの数があるので、今回は有料プランとして利用しているものに絞ってみました。

① MakeLeaps

ml

まず最初は「MakeLeaps(メイクリープス)」。

見積書や請求書などお金関係の書類はこいつのおかげで、完全ペーパレス!売上データを管理したり、予約した日に請求書を自動作成したりと、スモールビジネスの私は本当に助かっています。

もしPDFでの請求書がNGなクライアントには、郵送代行サービスも使えます(送付状・切手・封筒含め1通199円)。請求書を送付するだけでも時間要しますからね。ワンクリックで代行してくれるなんて素敵です。

でも実は最近、同類サービス「Misoca(ミソカ)」に心ひかれています…。請求書郵送代行、見積書FAX以外は完全無料のようです。うう…。

② Google ドライブ

gd

いわずと知れたGoogleドライブ。ストレージとして、DropBoxと併用しています。

無料で15GBの容量が使えますが、使っているのは100GBプラン(205円/月)です。

旧名は「Googleドキュメント」でして、Officeスイート(文書作成・表計算・プレゼンテーションなど)をすべてクラウド上で使えます。これがあれば、エクセルやワードは不要です。.xlsや.docファイルが散在しているデスクトップから解放されますよ。

意外と知られていないのですが、Googleドキュメント形式で作成したファイルは、プランに関係なく容量無制限です。

③ MindMeister

mm

MindMeister(マインドマイスター)はクラウド型のマインドマップツールです。ユーザーは世界で250万ほど。

ブレスト、プレゼン資料など用途がめちゃくちゃ幅広い。同じ類いのサービスは他にもたくさんありますが、クラウドタイプでは圧倒的にこのツールが使いやすいです。国内だとChatWork社もヘビーユーザーです(事例インタビュー)。

私が接近戦で提案営業する際は、わざわざパワポで資料を作らず、MindMeisterを使います。ポイントは、提案内容の全体像を示しつつ、先方の反応を見ながら個々の枝葉にフォーカスして継ぎ目なくプレゼンできるところです。

やはり文字で書くとわかりにくいですねー。現在私は同サービスの公認エバンジェリストをしていますので、「講座や勉強会やってほしい!」といったご要望がありましたらいつでもご連絡ください。

④ Lifebear

lb

スケジュール&タスク管理は、「クラウド型電子手帳」をうたっているLifebear(ライフベア)です。

使い始めて3年くらいでしょうか。スケジュールとタスク管理を別々ではなく、一体型になっているのが特徴です。当時はそんなツールは見当たらなかったので、必然的にこれを選びました。

無料でも使えますが、248円/月の「ベーシックプラン」を契約しています。他に代替できる無料ツールはあると思いますが、過去データが蓄積されていることもあり、スイッチするのを躊躇しているところです。

⑤ Creative Cloud

cc

Adobeのクリエイティブツール「Creative Cloud」。

Webサイトなどデザイン制作物を作るときによく利用されています。クラウド版になる以前から使っています(かれこれ10年以上)。

利用プランは「コンプリートプラン」、価格は4,980円/月です。いい値段しますね!でも私はデザイナーでもないので、実際に使用するのはその中の一部のアプリです。

⑥ Evernote

en

最後はやはりEvernote。これは絶対的に外せないですね〜。1,100円/月のBusiness版を使っています。

今やユーザー数は世界で1.5億人くらいだそうです。その中でアンバサダーは日本で15人。そのうちの一人が私です。えっへん。

「Evernoteの講座や勉強会やってほしい!」といったご要望がありましたらいつでもご連絡ください!

【関連】『Evernote情報活用術』にてアンバサダーとして執筆しました

以上です!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。