埋め込めSNS!だからブログへの写真掲載は1枚でOK

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
埋め込めSNS!だからブログへの写真掲載は1枚でOK

昨日ブログに書いた「kintone cafe」の参加レポート。

kintoneはサイボウズ社のサービスなのですが、同社の青野社長にツイートしていただいたこともあり、たくさんの方に見ていただきました。

早く書くには “飲み会トーク”が有効

ちょっと長めのこの記事も、夜中に30〜40分くらいでダダダっと書き上げたものです。

以前とくらべたら、われながら短い時間で書けるようになったものだと思うわけですが、やはり「飲み会トークを書きおこす“ちきりん流”」で書くようになったのが大きい。

もう一つ、「掲載画像一枚ルール」もブログをサクッと書くコツです。

参加者のtwitter投稿を埋め込む

冒頭のレポート記事も一枚だけです。しかも被写体は、Mac book airに貼付けたkintoneステッカー。

何枚も写真を掲載してもよいのですが、どうしても時間がかかる。とはいえ、写真がたった一枚だけではさびしい。

で、どうしたか?

一つは、外部サイトへのリンクは、必須プラグイン「blogcard(ブログカード)」を使い、サムネイル画像を表示させます。

さらに二つ目は、kintone cafeへ参加された方のtwitter投稿をそのまま埋め込みます。SNSの場合、写真もシェアしていることもありますので、自分の記事にマッチしそうな写真を含むを見つけては、記事内に埋め込むのです。

あの美人部長のブログ記事も一枚

数日前に書いたこの福岡うどん部の美人部長に関する記事も、実質使った写真は一枚です。あとは彼女たちの Instagramのうどんの写真をいくつか埋め込んだだけ、クイックに仕上がりました。

今年一番アクセス集めたあの記事も写真一枚

こちらのまとめページも写真一枚です。

56冊の本のリンクは、必須プラグイン「AmazonJS」を使って埋め込みました。しかも気がつくと、公開して3日で1万円の収益に。

もっとも手軽で身軽な手段

もっとも情報を伝える手段として写真は有効です。

ですが、自分で撮影するのも限界がありますし、掲載時には加工作業も必要になる。

だから“埋め込めSNS”なのです。

SNS投稿は基本的に他人がシェアしてもよいという前提ですし、掲載作業も埋め込みソースをコピペするだけで足ります。自分のブログのサーバーの負担にもならないので、もっとも手軽で身軽な手段です。

ブログは写真一枚勝負

ブログは写真一枚勝負。

それ以外はSNSの写真で補完する。
書くことに集中できつつ、時間をかけすぎない。
サーバーにもやさしい。

だからブログへの写真掲載は1枚でOKです。

 

Small team, great work… スモールビジネスでいこう!

(img via César Santiago Molina)



“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で800万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。