《レビュー》4人家族でBRUNOグランデサイズを一年間使った感想

ちょうど1年前くらいにわが家にやってきた「BRUNO ホットプレートグランデサイズ」。

こちらがそのときに書いたエントリー。

グランデが来た!“BRUNO熱”が冷めぬうちにブログ書いておく

あれから二週間に一度の割合くらいで使っているけど、なかなか使いやすいっすね!

なにを焼くのか?というと、おもにお好み焼、餃子、焼きそば、たこ焼き、ホットケーキなど(いたって普通すぎ!)。

ちなみに冒頭の写真は、今夜作ったお好み焼き(写真うまくなりたい…)。

BRUNOグランデサイズ・レビュー

それで、簡単にレビューしてみた(これもいたって普通…)。

◎良いところ

  • デザインがいい
  • コンパクト
  • 火力調整などシンプルな設計
  • 思ったより火力が強い
  • たこ焼きプレートが付いている

◎イマイチなところ

  • 使った後の手入れがやや面倒

手入れが面倒!?

最後の「手入れがやや面倒」ってのは、ユーザーの多くが共通して挙げるデメリット。

BRUNOってプレート部分しか取り外しができないので、隙間に入った食材なんかを取りのぞくのがちょっと手間取る。

とはいえ、本体を逆さにして、上からドンドンドンッ!って叩けば、下に落ちてくるんであとは拭き拭きするだけで済ませているけど(バレたらたぶん怒られる)。

取り回しのよさが光る

わが家は4人家族でもともとデカめのホットプレートをずっと使ってきただけに当初BRUNOに乗りかえるとき、「ちっちゃくね?」と内部で議論になったけど、今思うとこれでよかった。

デカめのやつは一度に一気に焼けるけど、どうしても場所を取る。

BRUNOはそれとくらべると小さいが、場所を取らない。なんならインテリアとしても映える。

サイズが小さいといっても、何度か焼けばいいだけでさして問題ではない。考えてもみれば、一度に一気に焼かないといけない理由が意外にない。たとえばたこ焼きなんかも、みんなでチビチビ焼いて食べるのが楽しいのだ。

設計に無駄がなくシンプルでコンパクト。

一言であらわすと、“取り回しのよさが光る” ホットプレートとでも言うべきか。

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。