ブログの終わり?下火になっているものにこそチャンスあり

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
ブログの終わり?下火になっているものにこそチャンスあり

(武雄市図書館にて)

たぶん日本の美容師のなかで一番人気のある木村直人さんのブログに共感。

僕もいま盛り上がっているものよりも、反対に下火になっているものにこそチャンスあると思っている。

それと既存概念のものは消えていっても、今度は形を変えてまた新たなムーブメントになる。

 

ブログもそうで、SNSが活況になったときに「ブログの終わり」なんて言われていたけど、だれもやらなくなったからこそチャンスが生まれる。

さらに、

  • 単なる自己満足なWEB日記なのか
  • 考えを整理し外部へ発信・蓄積するためのメディアなのか

自分のとらえかた次第で役割は決まるし、望む成果も変わってくる。

僕は後者のような「オウンドメディア」として位置付けている。ここまで来るのは紆余曲折あったけど、ブログ経由で収益でサラリーマン時代の年収を軽く超えるようになった。

 

参考になるツイートも発見したので紹介しておく。



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。