5秒で手続き完了!カメラマンへの撮影代を支払うのにビットコイン決済を使った話

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
5秒で手続き完了!カメラマンへの撮影代を支払うのにビットコイン決済を使った話

ビットコイン決済、なんとも不思議な感覚です。

先日開催した《学びたい》と《飲みたい》の2つの欲求を満たす勉強会「マナビール」でも、写真撮影をしてくださった方への謝金の支払いとしてビットコインで決済しました。しかも現地で。

5秒で手続き完了!カメラマンへの撮影代を支払うのにビットコイン決済を使った話

ビットコインかんたん送金手順

やり方は、いつくかあってどれもむちゃくちゃ簡単です。

どちらもスマホでアプリを立ち上げておくことが前提ですが、

  1. 先方がアプリから二次元バーコードを表示
  2. 僕がそれをウォレット(電子財布)で撮影
  3. 僕が送信先情報を読み取れたら送金したい金額を入力
  4. これで送金手続き完了

この間わずか5秒くらい。

「お金使った」感覚がかなり薄い

なんというか通常だと、封筒に現金を入れて渡すのですが、変な言い方かもしれませんが、よくもわるくも「お金使った」感覚がかなり薄い。お金が減ったという感覚がないのですよ。

同じ電子決済で「PayPal」を用いることがあるんですが、その場合それなりに手数料がかかるんです。ビットコインもかかるけどかなりの少額。まさに決済革命。

法的に認められている

「便利そう。でもうさんくせー」という声が聞こえてきそうですが、ちゃんと法的に認められてますからね。これって世界初なのであるよ。

2017年4月から改正資金決済法(仮想通貨法)が施行され、ビットコインなどの仮想通貨が正式な決済手段として認められました。これで単なる値上がり益の期待で保有するのではなく、「決済手段」として利用するための法的な仕組みが整備されたというわけです。

家電量販店のビックカメラは、その法施行と同じタイミングでビットコイン決済を試験的に導入。従来のポイント還元もそのまま持続。現金だから、仮想通貨だからという制約はない。

実際僕もモノは試しとばかりにデジカメをビットコイン決済で購入。なんとまあ不思議な感覚でしたよ。

ビックカメラ天神店で初めてビットコイン決済で買い物しました

2017.08.21

 

近い将来、ビットコインで報酬を支払うという手段は当たり前になります。

僕もドイツやイスラエルのIT企業と取引きありますが、PayPal決済です。上に書いたように、それなりに手数料がかかるわけですよ。

海外と仕事ができるようになったのはPayPalのおかげ

2015.04.07

それってPayPalという会社が仕組みを提供しているからであって、手数料ビジネスで成り立っている。ビットコインは中央管理者が不在ゆえ、手数料はほぼゼロでOK。

今後フリーランスも急増していくでしょうし、お金のやりとりはビットコインがうってつけ。英語翻訳技術も発展すれば、ますます市場が日本国内である必要性が薄れます。

チャンスととらえるか、脅威ととらえるかで、10年後の姿はずいぶんと違うものになる、そんな気がします。

 

ゾエ
ビットコインやイーサリアム、NEMなどの仮想通貨は、専用の取引所で購入可能。くれぐれも自己責任でお願いしまーす。

《2017年ビットコイン初心者向け》ゾエ推しの仮想通貨取引所3つ

 



“はたらく”を軽くしよう!

🔧このブログは、世界で800万ユーザーが利用するMindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。